2015年8月30日更新

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

ジブン手帳開発者の佐久間英彰さんが今回新たに開発した、話題の新手帳「Pat-mi」。
どこよりも、誰よりも早く解体してみる。
もちろん、開発者の許可を得て。。。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
1,531
クリップ
0

はじめに

 

ジブン手帳開発者の佐久間英彰さんが開発した、話題の新手帳。
その名も「Pat-mi」。
佐久間さんより、評価用の現物をいただいた。

その独創的な綴じかたは、驚愕に値する。
使い勝手の紹介は他者に譲るとして、私はこれをあえて「解体」してみる。
08/30、つばめやの文具朝活で、佐久間さんによる「Pat-mi」の説明会があったので、ご本人に解体の許可を得る。

 


外観

 

「Pat-mi」の最大の特徴は、マンスリーとデイリーを同化したこと。
独創的な綴じかたにより、これをアナログで実現している。

サイズはA5。

外観

 

1ヶ月の分冊を構成する用紙は5枚。
異なる長さをの用紙を利用している。

広げたところ

 

マンスリーに見出し、デイリーに詳細を記述することにより、記述先の分散による「ダブルブッキング」を防ぐことがねらいである。

ダブルブッキングの防止

 

5週分5枚の用紙は、上部をホチキスで止めている。
そして、ホチキスで束ねた用紙を、台紙に貼り付けている。

横から見た

 

 

解体

 

実際に解体する。


1)台紙をはがす

2)ホチキスをはずす

3)各ページをはがす

はがす

 


完了。
バラバラにすると、こんなカンジ。

構成要素

構成要素は、以下の通り。
1)台紙
2)異なる長さの用紙5枚
3)ホチキス

 


解体してわかったこと

 

1)5枚の用紙の長さの違い
5枚の用紙のそれぞれの長さの違いは、マンスリーページの1週間の高さである。

2)印刷位置と接着位置
折り曲げたり広げたりしたとき、ピッタリになるような微調整、苦労のあとがうかがえる。

3)使っている糊
各用紙を接着している糊には、どうやら○○○を使っている。
(さすがにこれは明かせない)

なるほど。。。
素晴らしい。

 


まとめ

 

この綴じ方、仕組みが単純であるために応用範囲は広い。
手帳だけでなく、他のモノにも適用できそうである。

これの印刷・製本を自動化する機械ができたら、コストは絶対下がるはず。
そうなると、カレンダーや手帳の形体が「革命的な進化」を遂げるだろうな。

 

作ろうと思えば作れる「カタチ」。
しかし、今までこの「カタチ」を発案した人はいない。
発案したのは、何を隠そう佐久間さんである。

こういう「カタチ」を生み出すことを「イノベーション」と言うのだろう。


佐久間さん。


実際の製品に触れ、それを解体し、直接ご本人から製品化に至るまでの話をうかがうことができました。
実際の製品ももちろんですが、製品を生み出すまでのプロセスに触れることができ、大変刺激になりました。
本当にありがとうございました。
m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【自称工作師が考える「シールの新しい作り方」】

セラミックカッターを「あのシール」に適用しました、というお話。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【自称工作師が考える「理想の重心バランス」】

「他人から見たらどうでもいいことに対する執拗な情熱」をもつ45歳工作男子、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

紫の文房具 ver.1

私所有の紫の文房具の魅力をお話しさせて頂きます♪

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

【文具祭り速報⑭】パットミー手帳

pat-mi2016 ジブン手帳で知られる佐久間英彰氏がまったく新しい発想から生まれたダイヤリー型手帳。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がこわす「Pat-mi」】

緑の文房具 ver.1

私所有の緑の文房具の魅力をお話しさせて頂きます♪

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア