2015年9月20日更新

【自称工作師がなおす「加水分解」】

樹脂やゴムなどが劣化してベタベタになることを「加水分解」という。
これまでに工作師のもとに持ち込まれた数々のベタベタ。
解決方法を紹介する。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
17,655
クリップ
0

はじめに

 

樹脂やゴムが劣化してベタベタになることを「加水分解」という。
加水分解とは「物質が空気中の水分に反応して、自身の形が保てなくなること」である。
つまり、自身の形が保てなくなるから、「ベタベタ」になるのである。

これまでに工作師のもとに持ち込まれた、数々の「ベタベタ」。
3つの解決事例を紹介する。

 


解決のポイント

 

かつて、シールはがしや染み抜きなどには「ベンジン」を使っていた。
これが有効と思われるが、可燃性が高くて危険なうえ現在は手元にない。

もっと身の回りにあるもので解決したい。

加水分解の解消には、エタノールが有効であることをある人から教わった。
エタノールは、消毒や掃除などの用途で使われている。

したがって、エタノールを使った商品でベタベタを解消する。

 


ゼブラボールペン

つばめやのT木さんから依頼された、ゼブラのボールペン。
伸ばすと芯が出て縮めると芯が引っ込む、珍しいタイプ。
ベタベタボールペン

「便座除菌クリーナー」でベタベタを解消している人がいたので、これに習う。
百均で便座除菌クリーナーを探したが見つからなかったので、代わりに「流せるトイレクリーナー」を入手。
エタノールを使っているので効果は同じと判断し、これを利用する。
トイレクリーナー

ボールペンを分解する。
ボールペンの分解

ベタベタをふき取る。
流せるトイレクリーナーに含まれるエタノールが少ないのか、少々難航。
トイレクリーナーで拭く

最後に「つやふきん」で仕上げる。
つやふきんで仕上げ

組み立てたら、ベタベタ解消。
ベタベタ解消1

 


キヤノンのデジカメ

 

阪神ファンのHさんから依頼されたキヤノンのデジカメ。
「デジカメの持ち手部分のゴムが劣化してベタベタになったので、何とかしてほしい」というのが依頼内容。

キヤノンのデジカメ

このデジカメ、持ち手部分がベタベタ。
触ると手が真っ黒になるくらい、状態がよくない。
ベタベタの手持ち部分

たまたま目にした「アルコールハンドジェル」。
成分にエタノールが含まれていたので、これで試してみる。
アルコールハンドジェル

いらないタオルにジェルをつけてふき取ると、面白いようにベタベタが取れる。
デジカメを拭く

これも「つやふきん」で仕上げる。
わずか10分でベタベタ解消。

ベタベタ解消2


ポメラ

2009年頃一世を風靡した「ポメラ」を、数年前ヤフオクで1000円で入手する。
「あまり使用していない美品」ということだったが、硬質ゴムが劣化している。
ホコリを吸着し、手もベタベタになるので、使うたびにストレス。
危うくお蔵入りするところであったが、手ピカジェルで復活を試みる。
ポメラ

ポメラの裏面

まずマステ本来の使い方で液晶画面を養生する。
マステで養生

次に、アルコールハンドジェルをふきんにたらして、ベタベタをふき取る。
最後につやふきんで、つやがでるまで磨き続ける。
ジェルで磨く

養生のマステをはがして、完成。
液晶下に書いてあった「POMERA」という白い文字が消えてしまったが、ベタベタのストレスに比べたらどうでもいい。
つやふきんで仕上げ
ベタベタがスベスベになっている。
ベタベタ解消3
ポメラの形状は複雑であること、硬質ゴムの材質がデジカメと異なることから、完全にふき取るまでに3時間を要する。


まとめ

加水分解には、エタノールが有効である。
今回特に「アルコールハンドジェル」が、ベタベタ解消に適していることがわかった。
ただしモノの材質によってベタベタ解消までの時間と手間は異なるようだ。
また塗装をはがすこともあるので、目立たぬところで試すことをオススメする。

お気に入りのものが加水分解でベタベタになったら、皆さまも「アルコールハンドジェル」を試していただきたい。


。。。
私は、掃除はあまり好きではない。
しかし「磨き掃除」だけは例外。
一心不乱に、ピカピカになるまで磨き続ける。

まるで、自分の心を磨くように。。。

 

。。。
最近の悩み。

40を超えると、定時後に顔がベタベタしてくるんだよなぁ。
( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 


<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がなおす「加水分解」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がなおす「加水分解」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がなおす「加水分解」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がなおす「加水分解」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がなおす「加水分解」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がなおす「加水分解」】

見知らぬ誰かと文通を

前回記事を書かせていただいた紙匠雑貨エモジさんで、文通セレンディピティという企画を致します。

【自称工作師がなおす「加水分解」】

文房具アクセサリーを作ってみたい。

最近、文房具をモチーフにアクセサリーを作ってらっしゃる方を何人かお見かけして、私もなんか作ってみたいと思い立ちました。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア