2015年9月28日更新

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

神戸派計画の「SUITO blotting paper」ノートに挟む吸い取り紙である。
しかしノートに紙を挟んだだけでは落ちてしまうのが欠点。
リングノート専門家の私は、ある手段をつかってこの問題を解決する。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
2,071
クリップ
0

はじめに

 

神戸派計画の「SUITO」と言えば、2015日本文具大賞機能部門グランプリを受賞した「SUITO cleaning paper」を思い浮かべる方が多いと思う。

同じ紙を使った「SUITO blotting paper」。
こちらはノートに挟んで使う吸い取り紙である。
神戸派計画

インクフローのいい万年筆を使うと、インクが紙の上で乾くのに時間がかかるときがある。
吸い取り紙は、紙の上に盛り上がった余分なインクを吸い取って、乾燥を促進することを目的として作られた紙である。

しかし吸い取り紙をノートに挟んだままだと、持ち運び時にノートから落ちてしまう。

幸いなことに私は、「自称リングノート専門家」である。
今回は、リングノートに着脱できるよう「SUITO」を加工する。

 


工作のポイント

 

吸い取り紙は「紙の目」が粗く、少し厚くてやわらかい。
マスキングテープなどの粘着性のあるものを使う場合、一度貼るとやり直しがきかない。
なぜなら、紙の繊維がテープに吸着していまうからである。

したがって、テープを貼るときは「一発勝負」。
気持ちにゆとりを持って(できればひとりで)工作をしていただいたい。

 


今回必要な材料

 

1)吸い取り紙
 「SUITO blotting paper」
神戸派計画

 

2)ツイストリングノートの透明プラスチックの表紙
 「リングノート用ブックマーク」で利用したのと同じもの。
 手元になければリングノートについている厚紙の表紙でも構わない。
 但しリングピッチに気をつけること。
 ブングスキーの私のコラムでは、基本的に「ISO規格8.47ピッチ」のリングノートを用いる。
 自分の使うリングノートと同じピッチの材料を準備すること。
プラスチック表紙

 

 

今回必要な道具

 

1)マスキングテープ
 着脱部品とリングノートを接続するのに使う。
 今回使ったマスキングテープは、日本茶色普及協会認定、「mtの茶色のマスキングテープ」である。

 

2)ハサミ
 吸い取り紙の裁断、着脱部品の加工に使う。
ハサミとマステ

 

3)定規
 吸い取り紙の余分な部分を裁断するときに線を引くのに使う。

 

4)ボールペン
 吸い取り紙の余分な部分を裁断するときに線を引くのに使う。

 

 

作り方

 

1)着脱部品の作成
 透明プラスチックから4~5穴分のかけらを切り取り、穴の加工を施す。
 詳細は「リングノート用ブックマーク」の作り方4)~6)を参照すること。
穴の加工1

穴の加工2

穴の加工3

着脱部品

2)着脱部品の位置決め
 着脱部品をリングに通し、吸い取り紙のどこに張り付けるかを決める。
位置決め

位置決め2

 

3)マスキングテープで固定
 着脱部品と吸い取り紙をマスキングテープで固定する。
 表面、裏面、ともにテープを貼る。
 裏面からマスキングテープで固定できるよう、着脱部品は、紙から5mmほど出っ張るようにしておくとよい。

 前述通り、吸い取り紙は「紙の目」が粗いため、マスキングテープは、一発勝負である。
マステで固定1

マステで固定2

マステで固定3

4)余分な吸い取り紙をカット
 着脱部品を5mmほど出っ張るようにしたため、吸い取り紙がページから出っ張ってしまう。
 この部分に線を引いて、ハサミでカットする。
余分なところをカット1

余分なところをカット2



 完成。
完成

 


使ってみる

 

インクフロー十分の万年筆で、ノートに記述。
万年筆で書く

 

SUITOで吸い取る。
吸い取る

 

うん、ちゃんと吸い取れる。
吸い取り完了

 

違うページに差し替えるため、SUITOを外れる。
うん、ちゃんと外れる。
はずす

 

違うページにSUITOを差し込んでみる。
うん、ちゃんと差し込める。
取りつける

 

閉じた状態で、ノートを振ってみる。
うん、SUITOは落ちてこない。

 振ってみる

 


まとめ

 

わたしレシピ。

 わたしレシピ

 

。。。
今回気づいたことがある。
A5サイズ用の「SUITO blotting paper」は、実際はA5サイズよりも若干小さくできている。
これは「ノートからSUITOがはみ出ない」ようにするためだと思われる。
商品に対するこのような「細部の気配り」、神戸派計画らしいモノづくりである。

 

。。。
あ、そうだ!
余った紙も吸い取り紙。
使わないのはもったいない。

こうやって加工して。。。
余り紙の加工

 

万年筆をピカピカにしよう。
万年筆ぴかぴか派

 

「SUITO cleaning paper」のように。。。

これでアナタも「万年筆ぴかぴか派」。
( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 

 

 

<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

文房具アクセサリーを作ってみたい。

最近、文房具をモチーフにアクセサリーを作ってらっしゃる方を何人かお見かけして、私もなんか作ってみたいと思い立ちました。

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

【緑推し】ホログラム付箋

パトロール中に付箋に一目ぼれしてしまったお話です。

【自称工作師がつくる「着脱可能なSUITO」】

マスキングテープ人気のスゴさ

仕事帰りに誘われて、mt グランマルシェというイベントに行って参りました。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア