2015年10月29日更新

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

厚い本を見ながらノートに筆記したり、キーボードを入力したりするときに、手やノートでページを押さえたりしてませんか?
そんなときは工作で「サクッ」と問題解決。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
2,417
クリップ
0

はじめに

 

ブングスキーコラムニスト、げんきさんの超人気ブログを見ていると「ブックストッパー」なるものがあることを知る。
http://genkiszk.com/bookstopper/

厚い本を見ながらノートに筆記したり、キーボード入力するときに使うらしい。
クリップのようなものに重さ119gのオモリがついていて、本の端を押さえることができるようになっている。
価格を調べると、アマゾンで864円。

ん?

何か、ひっかかる。
すでに重たい本を持ち歩いているのに、さらにオモリのついたものを持ち歩くのか?

余計重たくなるじゃん!

そもそも本が重いんだから、オモリのかわりに本の自重でページを押さえることができるのにな。
そうすれば、重たいオモリを持ち歩く必要はないんじゃないか。

ということで、今回は「本の自重でページを押さえるもの」を作ってみる。

 

 


工作のポイント

 

板に洗濯バサミをつけたら、できるんじゃないか。
急に思い立ち、夜中に試作してみる。
試作品

実際に作ってみると、小さい本では使えるが、大きな本では長さが足りずに使えない。

長い板を使うと、今度はカバンの中で邪魔になる。
伸縮できる長い板はないだろうか。。。

雑貨店を徘徊していると、ピッタリのものを見つける。
「折りたたみ定規」

コレならば、小さい本にも大きな本でも対応することができる。

 

 


今回使った材料

 

 

今回使った材料

 

1)折りたたみ定規
 本の重さを、広げる力に変えるのに使う。
 今回は無印良品のものを使ったが、デザインフィル(MIDORI)からも出ているようだ。
 洗濯バサミを接続しやすいよう、円を描く用の穴が開いているものが好ましい。

 

2)洗濯バサミ×2
 本のページをつかむ部品として使う。
 家にあるヤツを使ったが、外で使うものなのでできればスタイリッシュなものを準備したほうがよい。

 

3)ダブルリングマツバ×2
 折りたたみ定規と洗濯バサミを連結するのに使う。

 

 


今回使った道具

 

1)棒ヤスリ
 定規にあいた穴を広げるのに使う。

 

 


作り方

 

1)定規にあいた穴の拡張
 チョウツガイのついていない先端の穴を、棒ヤスリで広げる。
穴の拡張

 

2)ダブルリングマツバの取り付け
 ダブルリングマツバを「ひばり結び」で定規に取り付ける。
 「ひばり結び」とは、かつてケータイにストラップを取り付けていたときの結び方のことである。
リングマツバの取り付け

 

3)洗濯バサミの取り付け
 ダブルリングを洗濯バサミに通し、リングマツバに取り付ける。
洗濯バサミの取り付け

 

完成。
完成

 

 


使ってみる

 

辞書などの小さい本で試してみる。

本のページを開き、ページが少ないほうのページの端に洗濯バサミをとめて、本で定規を踏んづける。

小さい本


うん、ちゃんと本の自重でページが開く。

 


次に、ムック本などの大きな本で試してみる。

大きい本


うん、ちゃんとページが開く。

開いたところ


携帯するときは、折りたたんでコンパクトに。

そして、もちろん定規として使うこともできる。

 

 

 

まとめ

 

わたしレシピ。
わたしレシピ

 

。。。
洗濯バサミは英語で「ピンチ」というらしい。
本が開きっぱなしにできないような「本(ブック)」の「ピンチ」に使えるよう、これを「ブックピンチ」と名づけることにした。

 

。。。
ブックピンチは、本を開きっぱなしにすることを可能にした。
辞書などの本を読んで勉強することは、「未来」を開くことに他ならない。

 

つまり。。。

受験生の皆さま。
ブックピンチを使って、私とともに未来を切り開きませんか?
( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 


<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「ブックピンチ」】

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア