2015年11月16日更新

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

私が普段使っているボールペンを紹介する。
そして「ボールペン改造道」に至った背景、今後の進化について述べる。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
9,581
クリップ
0

お気に入りのボールペン

 

日本の国産ボールペンは機能も品質も世界最高であると、私は思っている。
各社どのボールペンを選んでも、書き味はいいし品質にバラつきがなく安価であることがその理由である。

「世界最高のボールペンを、極めて安価で手に入れることができること」

これは、日本に生まれてよかったと思うことのひとつである。

私がいちばん好きなボールペンは、ゼブラの「サラサクリップ」である。
私にとって、書き味が最高だからである。
特にボールの滑らかな筆記感が気に入っている。

太字を好む私は、0.7mmを使う。
ゲルインクなので太字だとインクの減りがはやいのだが、替え芯が安いため気にならない。

サラサクリップ

 

 


ボールペンの種類

 

ボールペンのインクには大きくわけて、油性、水性、ゲルインクの3種類がある。
油性は乾燥に強いが、水性は乾燥に弱い。
ゲルインクは、高粘度である「ゲル」の特性を生かしたインクであり、比較的乾燥に強く、水性のように滑らかに書ける。

同様に、インクが入ったリフィルを収納する軸も、キャップ式、ノック式、回転式の3種類がある。
キャップ式はペン先を密封することができるため、主に水性ボールペンに用いられている。
ノック式と回転式は、ペン先が空気に触れるため、主に油性ボールペンに用いられている。
また、ゲルインクボールペンは比較的乾燥に強いため、ノック式であることが多いようである。

ゼブラのサラサクリップはゲルインクのボールペンで、ノック式となっている。

海外の高級ボールペンのラインナップを見ると、「ローラーボール」というカテゴリがある。
ローラーボールとは、キャップ式の水性ボールペンのことである。
日本では片手で芯を出すことのできるノック式を好む人が多い。
ローラーボールはラインナップから外されることもあるので、日本ではあまり普及していない。

30代になった頃、いわゆる「100円ボールペン」ではなく、オトナのボールペンを使いたいと思うようになった。
たまたまモンブランの№P163という、キャップ式のローラーボールを手に入れる。

モンブランP163

 

もともと油性よりも水性の書き味のほうが好みであったため、モンブランのローラーボールも違和感なく使っていた。

モンブランP163

 

 


ボールペン改造への道

 

国産のサラサクリップを捨て、モンブランのローラーボールを使う。
私のボールペン道は、これで完結したかに見えた。
しかし替え芯を買いに文具店を訪れると、大きな問題が立ちはだかる。

モンブランのローラーボール、替え芯価格は約1000円。
国産ボールペンが10本買えるではないか。
なるほど、高級ボールペンは替え芯も高級なのだ。


私はボールペンによる筆記量がハンパない。

サラサクリップの0.7mmの場合、平均2週間で使い切る。
モンブランのローラーボールも2週間で使い切っていた。

ということは、2週間ごとに1000円かかるのだ。


これはイカン。。。

「国産のボールペンのリフィルを、手持ちのモンブランにつっ込めないかな」ということで始めたのが、私のボールペン改造である。


高級ボールペンの品格と世界最高の筆記感の両立を図ること。

つまり。。。

「お気に入りの軸にお気に入りのリフィルを!」


私のボールペン改造のコンセプトは、こうして生まれる。

 

 


モンブランでサラサクリップ

 

サラサクリップを№P163で使う場合、リフィルを多少加工する必要がある。
サラサクリップのリフィル(JF-0.7)は、純正に比べると少し長さが足りないため、テーパーネジによる長さ調整が必要である。
また、軸先の穴に比べてリフィルが少し細いため、マステによるペン先の太さ調整も必要である。
リフィル交換時に5分程度の加工をして、№P163を使っていた。


P163がキャップ式であることも、ボールペン改造の幅を広げる。

なぜなら、キャップ式は乾燥を防いでくれるため、ボールペン以外の水性ペンを作れるからである。

その結果生まれたのが、「筆ペン(※1)」「蛍光ペン(※2)」である。

※1【自称工作師がつくる「世界にひとつだけの筆ペン」】
※2【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

 


究極の軸との出会い

 

そして私は、究極の軸に出会う。

ヤフオクで落札したローラーボール、モンブラン№18310、「ノブレス・オブリージュ」というシリーズの2代目である。

モンブラン№18310

 

1990年代初頭のペンを中古で落札したのだが、非常に状態がよい。
私が持っているのは、20金のゴールドプレート(金貼り)、キャップを外した持ち手の部分が黒くなっているタイプである。 

 

モンブラン№18310


ノブレス・オブリージュ。
初代は尻軸の小さなホワイトスターが脱落しやすいという欠点がある(※3)のだが、2代目は尻軸のホワイトスターそのものをなくして改善されている。

※3【自称工作師がなおす「ホワイトスター」】

№18310尻軸

 

この軸にサラサクリップのリフィルを入れてみると、長さがピッタリ。

まったく調整する必要がない。

モンブランにサラサクリップ

こうして私は究極の軸を手に入れた。

 

 


究極のボールペンへの道

 

サラサクリップのリフィル。
筆記感は最高なのだが、ひとつだけ問題がある。


私は茶色が大好きな通称「チャイラー」で、日本茶色普及協会の理事長もつとめている。
しかしサラサクリップの茶色、色が少し濃いのだ。

茶色比較

黒に極めて近い茶色。。。
遠くから見ると、茶色ではなく黒に見える。

 

インクの色を変えたい。。。

そこで私は、数年前からゼブラさんに要望しつづけている。

「インクの色を明るい茶色にしていただきたい」

お客様相談センターへのメールや電話。
文具系博覧会にて担当者へ要望。
文具祭りにて壇上からの直訴。。。

しかしゼブラさんは、今のところ私の要望に応えてくれていない。

 

ちなみにこの出来事は、メーカーに茶色の色展開をしてもらうよう働きかけることを目的とした、日本茶色普及協会設立のきっかけでもある。

 

究極の茶色のボールペン。。。

「ないものは自分で作る」
「作り方は自分で考える」

われわれ工作部隊の活動基準である。

 

そして「ボールペン改造道」は、新たな進化を遂げる。
( ̄▽ ̄)T

 

 

 


<免責事項>
ボールペン改造、もしマネするひとがいるならばトラブルが起きても当方では責任を負えません。
自己責任で行ってください。

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

【自称工作師が考える「シールの新しい作り方」】

セラミックカッターを「あのシール」に適用しました、というお話。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

【自称工作師が考える「理想の重心バランス」】

「他人から見たらどうでもいいことに対する執拗な情熱」をもつ45歳工作男子、というお話。

関連するコラム

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

PalloBoxTimes2017年4月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーのお話です。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

封筒の中に封筒

工作師小野さんとの文通で作った封筒が、思いの外良いリアクションを頂いたのでレシピをご紹介します。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

マスキングテープ人気のスゴさ

仕事帰りに誘われて、mt グランマルシェというイベントに行って参りました。

【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

おじさんと文房具と夢

おじさんの夢?そんなものいまさら聞きたくないかもしれません。いや聞きたくないに違いない。だってわたくしだったら聞きたくない。(笑) でも...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア