2016年2月24日更新

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

まさにゃん

しがないミドラー。
文房具コンシェルジュ ミドル級。
ブログやってます。 → http://masanyama.blog.fc2.com/

View
2,466
クリップ
0

万年筆のインクにはロイヤルブルーという色があります。各社が同じ名前で出しているのですがインク消しも出ていて他社のでも消えちゃったりします。

ペリカンのロイヤルブルーで字を書いたところ、「まきにゃん」と間違えて書いちゃったりします。

ここでラミーのINK-Xの登場です。間違えたところを白い方のペンで塗るとインクが消えちゃいます。

消えましたね。ちょっと残ることもあるけど、それはメーカーが違うからかどうかはわかりません。

一度塗ったところはロイヤルブルーではもう書けません。また消えちゃいます。なのでペンの反対にロイヤルブルー色のサインペンが付いていて書き直すことができるようになってます。

色味が違うのはメーカーが違うからしょうがないですね。

さて、このペン、消す方も細くなっていて細かく消せるようになってます。普通にペンのようです。

そこで。

ロイヤルブルーで塗りつぶしたところを白い方のペンで消してみました。綺麗に字を書くことができました。字はきれいじゃないけど。

書くことと消すことは実は固定の文具の機能ではなく、「書くことによって消す」、「消すことによって書く」こともできるんですね。そんな話が土橋正さんの新しい文具の絵本、「文房具のやすみじかん」にそんな話があるみたいです。まだ買ってないので確かめてませんが。

ところで俺はペリカンのロイヤルブルーしか持っていません。なのにどうしてラミーのINK-Xを持ってるのでしょう?

それは間違えて買っちゃったからです。ペリカンもスーパーシェリフという同じ機能の製品を出しています。それを買おうと思ったのに間違えちゃいました。

この間違いも訂正したいなぁ ( ̄▽ ̄;)

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

新日本カレンダーのScience-Leaf

文具祭りエア参加投稿です。

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

【文具を斜めに使う】フリクションボールスリム038にクリップを

細いから便利ですけど一点だけ不満があります。久しぶりに斜めに使ってみます。

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

【緑推し】コクヨの緑色文具が当たりました♪

緑色の神様はちゃんと見てくれてました☆

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

【緑推し】中島重久堂の531S

NJK印の鉛筆削り

関連するコラム

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

文通に想いを馳せる。

私が2017年やってみたいことの1つに文通があります。しかし大体の近況をSNSで書いちゃうこのご時世にどのような方法があるのか、考えてみました。

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

【変わり文具】昔はペンだった、サイフォンペン

朝活に持っていった、変わり文具のお話です。

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

【BY1PHOTO】立つことが嬉しい。

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたく...

【文具を斜めに使う】ラミーのINK-Xは二色ペン

オオカミ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作レシピ第2弾です。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア