2016年4月16日更新

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

市販品が見つからないので、手芸を得意とする自称工作師の母に依頼してペンケースを作ってもらった、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
13,117
クリップ
0

はじめに
 


ペンケースの中にペンを無造作に放り込むと、ペン同士がカチカチあたる。
私が持っているペンのうち、何本かは高級ペンである。
中には金張りのものあるため、カチカチあたるのは精神衛生上よろしくない。

カチカチ
 

薄い布でできた一本差しを「ペンケースinペンケース」として使えば、カチカチあたることがなくなるのではないか。
そう考えて一本差しの布ペンケースを探したのだが、市販品が見つからない。

かといって一本差しの革ペンケースだと、ペンケースinペンケースとして使うにはかさばってしまう。
 
実家の母に相談したところ、ふたつ返事で「作ってやる」と。

 →自称工作師がなおす「亡き母の形見」

 


伝えた仕様
 


母に伝えたペンケースの仕様は、以下の通りである。
 
1)一般的なサイズのペンケースが入ること
 →長さ150mm、太さ13mmくらいのペンが入るように
 
2)伸び縮みする素材で作ること
 →多少太さが増減しても、ケースがペンにピッタリとフィットするように
 
3)茶色い素材でつくること
 →日本茶色普及協会理事長である私が、外で使っても恥ずかしくないように

 

 
使ってみる

 
仕様を伝えてから1週間、現物が送られてくる。

送られてくる

 

観察すると、ミシンで縫って裏返しにして縫い目が見えないようになっている。
手芸の都合はわかりかねるが、なるほどこうなっているのね。

外観
 

さっそく使ってみる。
 
手持ちの高級ペンを入れてみる。
長さもピッタリ。

長さもピッタリ

長さもピッタリ

 

伸び縮みする素材でできているため、太さ15mmくらいまではいけそうである。

伸び縮みする
 

 

ペンケースinペンケースにしてみる。
大きなペンケースに入れて振ってみると、カチカチ音がならない。
うん、精神衛生上も問題がない。

ペンケースinペンケース

ペンケース
 

要求どおり色も茶色で、日本茶色普及協会理事長が持つべき道具としても申し分ない。

茶色
 

使ってみて気づいたことなんだが。。。
ペンを取り出すと、ピカピカになっている。
どうやらペンを抜き差しするときに、布ペンケースがペンについた手垢を落としてくれるようだ。

ピカピカ

 

 

 

 

まとめ

 

ペンケースの中でカチカチ音がならないような布ペンケースを作ってもらったら、結果的にペンがピカピカになるペンケースになった。
 
ん?
ということは。。。
 
佐々木商店のつやふきんでペンケースを作ったら、もっとピカピカになるかもしれない。
つやふきん

 →佐々木商店のつやふきん

 
。。。
1本差しでピッタリとフィットする布ペンケース、何で売ってないんだろう。
これを商品として作ったら、売れるかもしれないのにな。
 
高級ペン向けの布ペンケース。。。ということは万年筆ぴかぴか派の、あのメーカーだ!

 

「使うたびにペンがピカピカになるペンケース」
 
神戸派計画さん、商品化お願いします。


タダで。

( ̄▽ ̄)T
 
 
  →神戸派計画のオンラインショップ「神戸派商店」
 
 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

収納に便利なチャック付き袋のパイオニア企業の名前をご存知ですか?

それを作っている会社名を知らずに毎日使っている製品というのは結構多いもので、今回わたくしも恥ずかしながらこの社名を初めて知った。 食品...

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【ちょい曲げ文具?】置き場所のないものの置き場所を作る。

ちょい足し文具研究家、三ヶ月ほど沈黙いたしましたが、そろそろ戻らせていただきます。 またよろしくお願いいたします。m(_ _)m

【自称工作師がつかう「1本差し布ペンケース」】

【ちょいマネ文具】コクヨさんのオフィス見学で見た文具の共用・共有置き場を真似してみた。

昔から、工場の工具置き場などでは用いられてきた方法。 つまり、モノの置き場所をそこ以外ありえないように設定することで、紛失をなくし、共...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア