2016年4月30日更新

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

普段使いボールペンに入れている赤ペンのリフィルを最新式にしました、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
5,169
クリップ
0

普段使いのボールペン、赤ペンのリフィルがなくなったので、いつも通り文具店へ。

 

愛用のサラサクリップのリフィル、JF-0.7を買おうとしたところ、ゼブラの新製品「サラサドライ」のリフィルが目に入る。

サラサドライの本体は2月に発売されたのだが、リフィルが売っていることを本日店頭にて初めて知る。

リフィル

 

私が愛用しているリフィルは、0.7mm。

サラサドライは0.5mmしか商品展開がないのだが、新商品を試してみたくなったので、商品を手にとりレジへ。

 

早速、入れ替えてみる。

 

これが私の普段使いのボールペン

普段使い

 

まず分解する。

分解

 

サラサドライはリフィルが仕様変更されてるかもしれない。。。

 

よかった。
外観は変わらない。

新旧リフィル比較

 

ペン先が暴れないよう、細く切ったマステを貼る。
軸側の穴径がリフィル側よりも大きいとき、ペン先がルーズになるのを嫌い、この加工を施している。

マステ加工

マステ加工2

 

ペン先以外はどこもイジることなく、サラサクリップのリフィルが軸に収まる。
リフィルを入れ替えることにより、いつも使っているボールペンが最新式になることが、「ボールペン改造の醍醐味」である。

完成

 

書いてみる。

うん、確かに書いてすぐに手で触ってみても、手にインクがつくことはない。

書いてみる

 


ま、そんなことよりも。。。

 

1月の新製品発表、サラサ関連の新製品が出ると聞いて楽しみにしたのだが、私は少しガッカリしている。

他の人はどうか知らないが、乾きやすいかどうかなんて私にとっては些細なこと。

 

再三お伝えしている通り、私は茶色好きのチャイラーであり、「日本茶色普及協会」の理事長も勤めている。

そしてサラサクリップ0.7mmが、ボールペン史上最高の書き味だと思っており、私はずっと使い続けている。

 

サラサクリップの唯一の欠点は、茶色の発色が黒に近くて濃すぎること。

インク色比較

ペリカンブラウンのような、せめてクリップの色と同じ茶色にしてほしい。

 

サラサクリップは2016年4月現在、37色展開されている。
青系が9色、赤系が8色、緑系が8色あるのにもかかわらず、茶色は黒に近い1色のみ。
多彩な色展開がサラサクリップの魅力のひとつなのだが、茶色の扱いがひどすぎる。

 

電話、メール、対面、文具祭りの壇上から名指し。。。
約5年間、あらゆる手段を使って、ゼブラさんに「明るい茶色を作ってほしい」と訴えてきたが、ユーザーの声はゼブラさんには届かない。

 

日本茶色普及協会は、持ち前の組織力を使い、これからもゼブラさんに圧力をかけていく。

( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 
 

 
 
<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。
 
 

 

 
 
 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

【変わり文具】昔はペンだった、サイフォンペン

朝活に持っていった、変わり文具のお話です。

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

おじさんと文房具と夢

おじさんの夢?そんなものいまさら聞きたくないかもしれません。いや聞きたくないに違いない。だってわたくしだったら聞きたくない。(笑) でも...

【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】

革の下敷きに一目惚れ♪

先日、革の下敷きとの出会い、そして一目惚れ・・・というお話です。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア