2016年8月20日更新

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

昨年から話題の「uni-ball AIR」を改造中に、流血の惨事が起きたのだが。。。というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
4,826
クリップ
0

はじめに

昨年発売されて話題になった「uni-ball AIR」。

「空気のように軽く書ける」がキャッチコピーのボールペンである。
筆圧に合わせてインクの流量をコントロールし、筆圧によって描線幅を変化させることができる。
これにより従来ボールペンでは表現できなかった、トメ・ハネ・ハライやメリハリのある文字を書くことができる。

今回は、コレをお気に入りのボールペン軸に入れてみる。

ペンの破壊

ペンを観察すると、リフィルにアクセスできない仕様になっている。

あ、これはパイロットのマルチボールと同じだな。

だとすると、破壊するしかないな。

ということで、何ら躊躇することなくノコギリで本体をぶった斬る。

ん?
血が出た。
誤って手を切ってしまったのか?

おかしいな。
手から出血はしておらず、まったく傷がない。

ペンかな。
あろうことか、リフィルに傷をつけてしまったのか。

いや、そんなに深く斬ってはいない。

出血のナゾは深まるばかり。

観察してみると、出血元はやはりペンである。

傷口を見ると、あるべきものがない。
リフィルがないのだ!

ということは。。。直液式!

「uni-ball AIR」は、軸に直接インクを蓄える、直液式だったのだ。

。。。痛恨のミス。

この大量出血、コイツはもう助からないだろう。

自らの手で、安楽死させる。

エイ!(ポキッ)
ポイッ!(ゴミ箱へ)

私の知識が浅かったために、オマエを殺すハメになってしまった。

ゴメンよ、「uni-ball AIR」。。。

新たな発見

私のノートは、「uni-ball AIR」の大量の流血で真っ赤に染まっている。
ティッシュで拭き取りながら、思う。
紙、10枚くらい染み込んでるだろうな、と。

拭き取った紙の裏を確認。
何と、まったく裏抜けしていないではないか!

この紙は、無印良品の「ダブルリングノート」をバラしてゴム綴じしたもの。

さっそく無印良品の「お客様相談センター」に電話する。

工作師「ダブルリングノートの紙のメーカー名と品名を教えてください」
担当者「佐々木紙工の特抄再生上質紙です。それ以上のことはわかりません」

佐々木紙工に電話してみる。

担当者「特抄再生上質紙は、無印のダブルリング用に作ったものなので、市販されていません」

ちっ、無印良品を通じてじゃないと、入手できないのか。。。

しかし、万年筆インクが裏抜けしないと思っていたけど、これだけの大量出血を受け止めることができる、すごい威力だ。

万年筆ユーザーの皆さま。

無印良品のダブルリングノートの紙、再生紙なのに裏抜けしない、すごくイイ紙ですよ。
工作師のイチ押しです。
( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

【自称工作師が犯した「流血の惨事」】

封筒の中に封筒

工作師小野さんとの文通で作った封筒が、思いの外良いリアクションを頂いたのでレシピをご紹介します。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア