2016年9月5日更新

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

「おすし付箋」という付箋を自作で作りました。制作資金はクラウドファンディングを使って。クラウドファンディングまでのことと、実際に付箋を作って気付いたことを書いています。

ノグチノブコ

1983年、千葉県佐倉市生まれ。2015年4月よりフリーランスでイラストレーターとして活動。
文房具が食べたいくらい好き。2016年には自作文具「おすし付箋」制作のため、クラウドファンディングで資金を募り、目標を達成。自分でオリジナル付箋を作る。好きな文具は付箋・方眼ノート。

View
2,083
クリップ
0

付箋を自分で作るまで

「おすし付箋」
これは私が自分で作った付箋です。

自作で付箋を作るためには、
必要なものがたくさんあるんですが、
中でも一番のネックは「お金」だと思います。

そのお金の問題を解決してくれるのが

「クラウドファンディング」

という手段。

クラウドファンディングを使って、
実際に付箋を制作した私が
当時のことを振り返りました。

クラウドファンディングで自作付箋のお金を集めました。

「制作のきっかけ」は

寿司が好き、
付箋が好き。

その想いから
自分のイラストを付箋にしようと考えた私。

最初、
付箋にするためにとった行動は、

・文具メーカーの商品開発部にアイデアを送る
・出版社に持ち込みに行く
(イラストレーターなので、本業の作品集に交ぜて持っていきました)

という「メーカー任せ」の行動でした。


このとき私の中では、
個人で制作しようという発想は
まったくありませんでした。

文具は会社が制作するもの。

なので、
とりあえず制作してくれそうなメーカーや出版社を
見つけて制作するルートで考えていました。





そんななか、
ある出版社に持ち込みに行ったときのこと。

いつものように、

「私、このイラストで付箋を作りたいんですよ」

と担当者に相談しました。
すると担当者は軽々とこう言いました。

「じゃあ
クラウドファンディングすればいいじゃないですか」


クラウドファンディング???


名前は聞いたことがあるけど、
それ何なのか、まったくわかりませんでした。




帰ってからクラウドファンディングの意味を調べました。

その時は

「付箋を作れるなら、やってみよう!」

くらいにしか考えてなかったので、
さっそくクラウドファンディングをやってる会社を調べて応募。
準備を着々と進めていきました。




※クラウドファンディングの細かい話については、
「ブングスキー」の趣旨からずれるので今回は割愛します。

クラウドファンディングについて気になる方は、
私の個人ブログをご覧ください!

実際に付箋を作って思ったこと。

無事に資金も達成することができ、
付箋を作ることができました。


実際に付箋を作ってわかったこと。
それは、

「付箋を作るのは思ったよりハードルが高くない!」

ということです。

ネットで「付箋 オリジナル」と調べると、
たくさんのオリジナル付箋メーカーが出てきます。

多くのメーカーはテンプレートも用意されていて、
すぐにイメージをカタチにできそうな親切設定です。

・Photoshop
・Illustrator

を持ってるならとてもカンタンに制作できます。





あと、
一番強く思ったことは、

「メーカーは本当によく考えてモノを作ってる」

ことに気が付いたことです。

私のような素人が考えたレベルではありません。

世の中に出回っている文具は(文具に限らずですが)、
たくさんの人の試行錯誤の結集。

喜ばれる品物を作る覚悟。

そんな気持ちを世の中の文具に感じました。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

【リプラグ×ブングスキー】コラボイベントの様子と「3'sカレンダー」

10月21日(金)に行われた【リプラグ×ブングスキー】のコラボイベントに参加してきました。文具メーカーの”中の人”と直接会話したり、ブングスキー...

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

キングジムの2016年株主優待品が届きました!

数日前、キングダムの2016年版・株主優待商品が届きました。中身はなんでしょう? さっそく開けてみました。

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

magneticで手帳の機能を拡張!付箋より便利な付箋。

魔法のふせん・magnetic(マグネティック)を手帳で活用する方法をご紹介!ほんのちょっとですが時短になります。

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

文具と寿司が大好きなノグチノブコと申します。

はじめまして、ノグチノブコです。初コラムなのでカンタンな自己紹介が中心です。過去にクラウドファンディングで制作した「おすし付箋」のことも...

関連するコラム

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

自作付箋「おすし付箋」を作って気付いたこと。

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア