2016年9月21日更新

【緑推し】カランダッシュ849ボールペン

「緑色の文具を紹介することによってメーカーさんにもっと緑色の文具を作ってもらおう」というもくろみのもとに書いております ( ̄∇ ̄)
BGMはGREEN DAYのWake Me Up When September Ends♪

まさにゃん

しがないミドラー。
文房具コンシェルジュ ミドル級。
ブログやってます。 → http://masanyama.blog.fc2.com/

View
1,692
クリップ
0

毎年、色々出ますね

ちょっと大きな文房具屋さんを覗いたことがある人ならきっと見たことがあるボールペン。鉛筆を削ったような容姿で適度な長さのこのボールペンは、コレクターを惑わせる色々な色や模様の限定品が毎年出てくることに話題がいきがちです。

メーカー名と型番がクリップの下に書いてあって一見奥ゆかしいです。

でも実はメーカー名はノックのところにしっかり書かれています。でもおしゃれです。

しかしそれはボールペンとして完成しているからであって、基本的なところは変える必要が無い、変えてもらっては困るからです。

最小限の部品

ノック機構がノックボタンで完結しており、後は本体とバネ、ボールペンの芯しかありません。

書き味のいい油性インク

ジェットストリームなどのさらさら書けるインクよりもなめらかに書ける感じがします。ぬらぬらというか。適度な重みがある感じででも書き出しはなめらか。

ノック音がしない

私としてはこれが一番の売りだと思うのです。キャップ式だってノック式だってキャップを外すときやノックするときは音がするのです。それが静かな会議で響き渡ると悪目立ちすることもあります。
ネジ式のキャップも解決法の1つですが、このカランダッシュはノック音がしません。よく聞くと金属の擦れる音はしますが、「カチッ」という音がほとんどしないのです。

(モノによっては音がうるさい奴もあるので売場で一番静かなのを選んでますが。)

折れない

お尻に入れてても金属なんでケツ圧で折ることもありません。樹脂製のボールペンで怖い接続部分でネジがパキッとか胴体に縦筋がピシッとかありません。

コレクターでなくても

気に入ったものを1本買ってガンガン使ったらいいと思います。これ1本で他にボールペンは要らない、と思わせる要素は十分あると思います。

欠点は替え芯が若干手に入りにくいということもありますが、いざとなれば自己責任で4C互換の替え芯を使えるようにするアダプターも…

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【緑推し】カランダッシュ849ボールペン

新日本カレンダーのScience-Leaf

文具祭りエア参加投稿です。

【緑推し】カランダッシュ849ボールペン

【文具を斜めに使う】フリクションボールスリム038にクリップを

細いから便利ですけど一点だけ不満があります。久しぶりに斜めに使ってみます。

【緑推し】カランダッシュ849ボールペン

【緑推し】コクヨの緑色文具が当たりました♪

緑色の神様はちゃんと見てくれてました☆

【緑推し】カランダッシュ849ボールペン

【緑推し】中島重久堂の531S

NJK印の鉛筆削り

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア