2016年9月22日更新

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

万年筆のペン先をプラスチックで実現した、ぺんてるの「プラマン」を使ってみました、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
1,685
クリップ
0

はじめに

私は普段、気に入ったものしか使わないため、実は文房具にあまり詳しくない。

先日、文具店を徘徊していると「プラマン」なるペンを見つける。

実はこのペンの存在自体は知っていた。

しかし私は、プラマンとは「プラチナ万年筆の略」で、プラチナの廉価版の万年筆だろうと勝手に思い込んでいたのだ。

帰宅してインターネットのヤホーで「プラマン」を調べてみてビックリ。
「万年筆のペン先をプラスチックで実現させる」という、開発コンセプトを持つ製品であることを知る。

何と1979年から発売されており、日本でも愛好家が多く世界中で売れているロングセラーらしい。
文具店で私が見たペンは正式には「トラディオ・プラマン」と言うそうだ。

。。。
今回は、この「プラマン」を紹介する。

文房具好きの皆さまならば「今さら情報」だろうが、こちらサイドの事情があるので、まずは読んでいただきたい。

プラマンの特徴

1)ペン先

ペン先は、平らな形状になっている。
先端は、樹脂製とプラスチックの2種類の材料でできているらしい。

ペン先を押さえる部分(赤い部分)、上下の長さが異なっている。

2)カートリッジ

ペン先からインクが入っている部分まで、一気に交換する方式になっている。
したがって、発売されている色以外を使うことはできない。

3)色展開

インクの色は、黒、赤、青の3色で、茶色はない。
軸の色は黒のみであるが、過去には限定品として様々な軸色のものが販売されていたらしい。

そしてキャップには窓がついており、ペン先を押さえる部分が見えるようになっている。

使ってみる

実際に書いてみる。
筆圧をかけると筆記線が太くなり、筆圧を抜くと筆記線が細くなる。

このあたりの思想は「ユニボールエア」と同じであるが、プラマンの筆記感は全然異なる。
「万年筆のペン先をプラスチックで実現させる」と謳うだけあって、独特の筆記感である。
またペン先を押さえる部分の上下の長さが異なっているので、ペン先の裏表でペン先の「しなり」方が変わり、様々な筆記感を味わえる。

と、一応書いてみたものの。。。
わかりやすいレビューは、以下のリンクを参照していただきたい。
なぜなら私の表現力は、彼に劣るからである。

まとめ

万年筆、ボールペン、サインペン。。。
プラマンは、そのどれとも筆記感が異なるペンである。
万年筆とボールペンの中間くらいの書き味で、線の太さは万年筆のB(太字)くらいの感覚である。
またプラマンは、ボールペンのように一定の太さの線が出るわけではないため、多彩な表現ができるペンである。

こんなにいいペンなのに、文具店ではペン売場の隅に追いやられ、若者が使っているのを見ていない。
「多彩な色展開をしていないこと」がその要因ではないかと、私は考える。
カートリッジとペン先を一気に交換するのではなく、せめてカートリッジ式にしてほしかった。
そうすればユーザーが色を楽しめるようになるはずである。

。。。
ところで私は、日本茶色普及協会の理事長である。
どうしても、お気に入りのペリカンブラウンのインクで、このペンを使いたい。


「ないものは自分で作る」
「作り方は自分で考える」

これは、わが工作部隊のオキテである。

したがって次回、私はこの「プラマン」を茶化してみる。



ま、ここで言う「茶化す」とは。。。



文字通りの意味である。

( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【自称工作師が考える「シールの新しい作り方」】

セラミックカッターを「あのシール」に適用しました、というお話。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【自称工作師が考える「理想の重心バランス」】

「他人から見たらどうでもいいことに対する執拗な情熱」をもつ45歳工作男子、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

【変わり文具】昔はペンだった、サイフォンペン

朝活に持っていった、変わり文具のお話です。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

原稿用紙柄の包装紙

紙匠雑貨エモジさんの新商品です。

【自称工作師がつかう「ぺんてるのプラマン」】

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア