2016年10月1日更新

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

横型のB5ノートをきれいに使いたいというところから始まったクラフト紙への柿渋塗布の実験であるが、少しずつ特性がわかってきた。

練習のメモ帳カバーからスタートし、とりあえずではあるが、そこそこの風合いのノートカバーが完成した。

高木芳紀

ちょい足し文具研究家。文具朝活会を毎週金曜日の朝、渋谷と東京駅(週替り)で開催中。また文具祭りというイベントを3ヶ月に一度(3・6・9・12月)東京カルチャーカルチャーでだいたひかるさんと主催しています。
文具のブログ http://www.boo3.net/

View
1,318
クリップ
0

そもそもなぜノートカバーを作っているのか?

BUNGULOGのほうで、やはり横型ノートはいいなぁという話になって、Editの横開きのドット方眼最高やわーという結論に達しながらも、実はリングノートがあまり好きでないというわがままから、どうしたものかノート探しの旅へ。

その後、ドット方眼ではないけれども、ツバメの設計ノートというのが現状では一番理想に近いのかなぁというところで、カバーが欲しいと。(デイバッグの中で動き回るので。)

そんな顛末で始まった柿渋クラフト紙の研究、どうなりましたでしょうかっちゅうお話。

柿渋を4回塗布した紙が乾いた。

蛍光灯の下で撮ったので、白光りしてしまいスミマセン。

端のほうがめくれ上がっているのが確認できると思いますが、今回わりと薄めの紙に塗ったので、こうなったかと思います。

確かに、思っていたよりもちょっとシャリシャリというか、ペラペラというか、「しっとり」とは反対の触感があります。これはどの紙に施すかでずいぶん変わってくるのだろうなと。

さて、これをいつものように本屋さんでかけてくれる紙カバーの要領で折っていきます。

本当は縫ったりして仕上げたいところですが、まだ素材研究の段階ですので、これで済ませます。

でけた。(・∀・)

まぁ、別に革っぽくすることが目的ではありませんが、結果的にある種の革っぽい見た目になっていますねー。

独特の照り感も、味わいにひと役買っています。

自分で言うのもなんですが、やはりこの素材、なかなかいいと思います。

これから持ち歩いて毎日触って、使い込んでいきますが、その中で耐久性、経年変化などをチェックしていきます。革のように、手の脂などで風合いが変わっていくようなことが起きたら、ミラクルですね。

ひとつ悔やまれるのが、折り返し部分。

本当はノートの半分弱くらいまでにしたかったのですが、実は今回、紙の寸法が足りなかったのです。(;´Д`A

折り返しが長ければ、装着ももっとしっくりして、さらにこんなプリント類もちょいと挟んでおけますよね。

そんなこんなで試行錯誤、今後も続けてまいります。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【ニュース】フリクション10周年、今年前半はフリクションノックがお得!

パイロットさんの展示会に伺ってきたのだが、今回は大きな新製品の発表などはなく、小売店に向けた春の最需要期への提案が主であった。 その中...

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【ちょいネタ】年賀状、せっかく出すなら徹底的に。

会社どうしの年賀状のやり取り、正直言って、同じようなつまんないのがたくさん来る。 じっくり見るわけでもないし無駄なんじゃないかなという...

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【ニュース速報】プリットがPLUSさんから発売に。

驚いた! 昨年までコクヨさんから出ていたプリットブランドが、今年からプラスさんでの発売となるそうだ。 今後は「ノリノ」などテープのり...

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【ちょい工作】ディズニー柄を消したいのですがどうしたもんでしょうか。

ぷにぷにのグリップが気に入って、中にはビクーニャのリフィルを入れたのだが、やはり外見がちょっと、というペン。 http://bungusuki.jp/posts...

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【ちょい工作】ディズニーランドのお土産ボールペンのグリップが最高なので、、、

地域の小学校のブラスバンドにコーチとして参加しているのだが、毎年行われるクリスマス会でプレゼント交換がある。 やはり多くは文具が入って...

関連するコラム

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

【BY1PHOTO】あなたの体温が伝わる、ちいさな手紙

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたくで...

【ちょい塗り素材】柿渋紙の味を引き出すことに成功(大袈裟!)

桃色の文房具 ver.1

私所有のピンク文具の魅力をお話しさせて頂きます♪ 今回はそのミラクルさに、思わず遊んじゃいました☆

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア