2016年10月6日更新

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

以前、母から譲り受けた古い万年筆を修理しましたよ、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
815
クリップ
0

月2回連載している「一筆館コラム」。
10月5日分が公開される。

○一筆館コラム(リンク)


是非、ご覧ください。

。。。
以下参考。

同じ事実をもとに、かつてブングスキー向けに書いたコラム。

。。。
こんなこと書いてたら、7月に母が実家で階段から落ちて死にかけてました。
幸いなことに頭蓋骨にヒビが入ったものの命に別状はなく、今では元気です。

( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

【自称工作師が考える「シールの新しい作り方」】

セラミックカッターを「あのシール」に適用しました、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

おじさんと文房具と夢

おじさんの夢?そんなものいまさら聞きたくないかもしれません。いや聞きたくないに違いない。だってわたくしだったら聞きたくない。(笑) でも...

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

【自称工作師がなおす「古い万年筆」】

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア