2016年11月7日更新

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

私が育てることになった隠し子「アレックス」。彼の素性を調べたら、大変な事実がわかりました、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
1,542
クリップ
0

ペリカンのブラウンインクを飲み干すと、アレックスは疲れたのかグッスリ寝てしまう。
私はアレックスに、そっと「つやふきん」をかけてやる。

アレックスの体をよく見ると、小さなキズがたくさんついている。

そして、ペンポイントのイリジウムもかなり磨耗している。

私の知らないところで育ったアレックス、これまでの人生の苦労がうかがえる。

アレックスの素性が気になったので、インターネットのヤホーで調べてみることにする。
アレックスの特徴をあげてみると。。。

キャップリングが一重で、刻印が入っていない

ニブは全金で余計な装飾がなく、刻印は「PELICAN 585 KACAT」のみ

キャップのペリカンの刻印は初期のデザイン。

尻軸の先は400nnのような丸いものではなくM400に近い。

。。。
調査の結果、アレックスは初期のペリカン400シリーズで、1950年~1954年に作られたモデルであることが判明する。

ん?

1954年?

62歳、私よりずいぶん年上じゃねーか。


アレックス。。。

オマエは本当に私の息子なのか?


(完)

( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

おじさんと文房具と夢

おじさんの夢?そんなものいまさら聞きたくないかもしれません。いや聞きたくないに違いない。だってわたくしだったら聞きたくない。(笑) でも...

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

宝石箱のような文房具 ver.1

2017年、きらめく宝石をたくさん増やしたい。。。 ながめてそんな気持ちになる、文房具のお話です♪

【自称工作師が育てる「隠し子アレックスの素性」】

【自称工作師が考える「文房具の定義」】

「文房具とは何か」その定義を、自称工作師なりのアプローチで考えてみる。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア