2015年7月20日更新

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

百均で見つけた「電動字消し」を使って、電動フリクション消しゴムを作ってみる。
電動で高速回転して摩擦熱をおこすので、キレイにすばやく消すことができるスグレモノ。
以前紹介した「消えるボールペン」のお供にどうぞ。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
3,974
クリップ
2

はじめに

お気に入りの軸で、フリクションのボールペンを作った。
しかしフリクション消しゴムは、当然ながら高級ペンにはついていない。
したがって今回は、高級ペンと一緒に使うフリクション消しゴムを作る。


工作のポイント

フリクションボールペンは、温度変化で色が消える特殊なインクを用いている。
フリクションボールペンに付属のフリクション消しゴムは、こするときにおきる摩擦熱を使ってインクの色を消している。

せっかく作るのだから、スタイリッシュに作りたい。
消しゴム単体の製品もあるのだが、それを使うのならこのコラムは必要ない。
今回は百均で見つけた「電動字消し」を使って、フリクション消しゴムを作ってみる。


ザ・電動字消し

 

「電動字消し」の構造を知るために、分解してみる。

先端部のキャップを半回転して外すと、上下にパカッと分かれる。
電池ボックスにマブチモーターがつながった、極めてシンプルな内部構造である。
先端部には消しゴムがついており、マブチモーターで高速回転させることにより、文字を消す仕組みになっている。
マブチモーターは、スイッチを押している時だけ動作する。


電動字消しの内部構造

 

今回必要な材料

1)電動字消し


電動字消し

 

2)マスキングテープ

 

3)単4電池2本

 

4)フリクションボールペン


フリクションボールペン

 


今回必要な道具

1)ハサミ

2)ペンチ(あれば)

 


作り方

1)電動字消しから消しゴムを引き抜く

電動字消しの先端部についている消しゴムを引き抜く。
あとで使うのでなくさないこと。


消しゴムを引き抜く

 

2)フリクション消しゴムの準備

フリクションボールペンの消しゴムを力まかせに引きぬく。
結構な力が必要なので、ペンチなどを使ってもよい。


フリクション消しゴムの準備

 

3)フリクション消しゴムの加工

もとの消しゴムよりもフリクション消しゴムのほうが若干細いので、マスキングテープを2~3回転巻く。
電動字消しの個体差なのか、加工せずにそのまま入るものもあるらしい。


マステで補正


フリクション消しゴムの加工

 

4)もとの消しゴムの格納

電池ボックスの下のほうに、微妙な隙間がある。
先ほど取り外した消しゴムを、この隙間に格納する。
イザというときに、普通の消しゴムに差し替えられるようにしておこう。


もとの消しゴムの格納

 

 5)フリクション消しゴムをセット

先端部にフリクション消しゴムをセットする。


フリクション消しゴムのセット

 

完成。

 


使ってみる

まずは、フリクションボールペンで文字を書いてみる。


フリクションで書いてみる

 

電動フリクション消しゴムのスイッチを入れて、文字を消してみる。


「ウィ~ン(モーター音)」。


何だか笑いが込み上げてくる。
電動で高速回転するものを見ると、ナゼか私は笑いが込み上げてくるのだ。


消してみる

 

電動フリクション消しゴム、意外と細かく消すことができる。

しかも通常消しゴムと違い、フリクション消しゴムはカスが出ない。


消した後


そして何より。。。
ものすごいスピードで消える。

 


まとめ

 

非常に実用的な、電動フリクション消しゴム。

しかし、欠点がひとつだけある。
スイッチを押すと、マブチモーターの「ウィーン」という音が鳴るのだ。
これでは、シーンとした会議室で使うことができない。。

「シ~ン。。。」
「ウィーン。。」
「ん?何やってんだ?アイツ?」

。。。となるので、使うときは場所を選ぼう。

 

 恒例の「わたしレシピ」。

わたしレシピ


。。。
電動の消しゴムを開発したら、ネーミングはふつう「電動消しゴム」だよな。
あえて「電動字消し」にした意図が、見え見えなんだな。 →商品開発担当者さん。

電動字消し。。。
やっぱり語呂が、アレだよな。
( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 

 

<免責事項>
トラブルが起きても当方では責任を負えません。
工作は自己責任で行ってください。

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

スタンプインクあれこれ

年賀状シーズンの今、スタンプインクを選ぶのに良い時期ですよというお話。

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

「書く・貼る・捺す・デジる」展2015おみやげレポート

キングジム、シャチハタ、ゼブラ、ニチバン、ヤマトという、文房具業界屈指の老舗メーカー5社の合同展示会、「書く・貼る・捺す・デジる」展をご存...

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

【BY1PHOTO】立つことが嬉しい。

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたく...

【自称工作師がつくる「電動フリクション消しゴム」】

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア