2016年11月8日更新

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

今年もリプラグさんのカレンダーが発表された。昨年の文具祭りでその存在を知って以来、気になる存在であり続けている。

工夫され、機能性とデザイン性に富んだカレンダーたち。年末のご挨拶でいただくノベルティとは明らかに一線を画す商品群だ。

先日あらためてその魅力をプレゼンしていただく機会にめぐまれたのだが、今日はその中から、「glassine paper Calendar」というカレンダーをご紹介する。

高木芳紀

ちょい足し文具研究家。文具朝活会を毎週金曜日の朝、渋谷と東京駅(週替り)で開催中。また文具祭りというイベントを3ヶ月に一度(3・6・9・12月)東京カルチャーカルチャーでだいたひかるさんと主催しています。
文具のブログ http://www.boo3.net/

View
1,634
クリップ
1

カレンダーにいくら使っていますか?

この「glassine paper Calendar」ですが、リプラグさんはこれらのオリジナルカレンダーを「販売」しています。
お年賀にもらう「タダ」のものではないのですね。
これに価値を見出して、お金を出して買ってもらわなければいけません。

しかし、多くの日本人にとって、まだまだカレンダーは「買う」ものではないようです。
実はわたくしも、いつも無印良品さんで年明けに値下がりしたものを買っています。(せこくてスミマセン)

同じ季節商品でも、手帳にはこだわる人が多いのに、カレンダーに関してはまだまだそういう意識の人が大半だと思います。
仕事してても家にいても、眺める回数は手帳に負けていないはずなのに、不思議です。

リプラグさんは、デザインの力でそこに挑戦している。
なんだか、その心意気に感じるところがあったので、わたくしなりに後押しできるかどうか、レビューしてみたいなと。

「glassine paper Calendar」は「作品」レベルな逸品。

これが「glassine paper Calendar」。

一瞥するだけですと、単なるきれいなカレンダーに映るかもしれません。

しかし、よーーーく見ていただきたいのです。

そう、下の柄や文字が透けているでしょう?

一番上の1月に印刷されているのは、青色の氷の結晶と青色の草。

その下にぼんやり重なっているのは、翌月以降の柄なのです。

この透ける紙、何だと思われますか?

冬になると帰りにコンビニでホカホカのやつを買って食べ歩きしたくなるあれですよー。

一枚めくると、、、日付が印刷されているページから日付を除いた絵のページが登場します。なんとニクい演出!

これもめくらないと、次の月が出てきませんから、当然めくってしまうわけなのですが、このかわいい紙、あなたなら何に使いますか?

実は、ちょっとした小物のラッピング、ブックカバー、便箋、折り紙、絵を描くなどなど、使い道∞ペーパーなのです!

あ、この紙の正体、わかりました?

答えはグラシン紙、グラシンペーパーと言いまして、身近なところでは肉まんにくっついてる底紙!(食品向けにさらに加工があるようですが)

ちなみに、グラシンに蝋加工したものがパラフィン紙です。(ざっくりトリビアでスミマセン)

これらグラシン族の用途は広いですよね。クッキングシートやトレーシングペーパーもそうですし、紙風船、薬包などもこの類です。

でも、これにフルカラー印刷しているのって見たことありますか?
多分ないと思うのです。薄くて、柄合わせとかいかにも大変そうですよね。

この「glassine paper Calendar」、印刷工場さん泣かせのカレンダーでもあるのです。かなり苦労して印刷されたようですよ。こうなると、もうほとんどアート作品です。

2月になると、少しずつ芽吹いてくる感じに。

春になると、何やら生き物も。(チラリ)

素敵すぎて、カレンダーなのに書き込めない!

いえいえ、この雰囲気や世界観を壊さないまま、カレンダーとしての実用性を確保する方法を考えましたよ。

それは、、、マーカーでの印付け!

でも、めっちゃネオンカラーの蛍光マーカーですと、ちょっと違うかなぁという気がしまして、選んだのがこれです。

ゼブラさんのマイルドライナー。

他のペンメーカーさんからもマイルド系のマーカーは出ておりますが、ゼブラさんは全15色もあるのがポイント。

これで、◯◯色は習い事の日、◇◇色はデートの日みたいに、決めておけばいいのかなと。

んでもって、こんな風にグリグリしちゃえば、そんなに雰囲気を邪魔せずにカレンダーの機能性をアップできますよね。

(ふたつ大事な予定がある日はどうしましょうね。二重丸っぽくするか。)

あ、ちょっと思ったのですが、この、マーカーをしたページですが、1年分取っておいて重ねたらどうなるのかな。

活動的な曜日とそうでない曜日などがよくわかったりして。

おじさんですが、なんだか楽しくなってきました。(・∀・)

これはやはりオフィスというよりも自宅で使いたいかなー。

蛍光灯よりも白熱灯かなー。

いろいろ飾りたい場所を考えてしまいます。

もちろんお好みですので、自由に使っていただければ結構なのですが、やっぱり素敵すぎて、いろいろ気を遣ってあげたくなっちゃうカレンダーですね。

女子力、高いです!

>>glassine paper Calendar | カレンダー・ステーショナリーのリプラグ公式通販

すべての月の柄は、上の公式サイトでご覧いただけますよ。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ニュース】フリクション10周年、今年前半はフリクションノックがお得!

パイロットさんの展示会に伺ってきたのだが、今回は大きな新製品の発表などはなく、小売店に向けた春の最需要期への提案が主であった。 その中...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ちょいネタ】年賀状、せっかく出すなら徹底的に。

会社どうしの年賀状のやり取り、正直言って、同じようなつまんないのがたくさん来る。 じっくり見るわけでもないし無駄なんじゃないかなという...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ニュース速報】プリットがPLUSさんから発売に。

驚いた! 昨年までコクヨさんから出ていたプリットブランドが、今年からプラスさんでの発売となるそうだ。 今後は「ノリノ」などテープのり...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ちょい工作】ディズニー柄を消したいのですがどうしたもんでしょうか。

ぷにぷにのグリップが気に入って、中にはビクーニャのリフィルを入れたのだが、やはり外見がちょっと、というペン。 http://bungusuki.jp/posts...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ちょい工作】ディズニーランドのお土産ボールペンのグリップが最高なので、、、

地域の小学校のブラスバンドにコーチとして参加しているのだが、毎年行われるクリスマス会でプレゼント交換がある。 やはり多くは文具が入って...

関連するコラム

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【リプラグ×ブングスキー】コラボイベントの様子と「3'sカレンダー」

10月21日(金)に行われた【リプラグ×ブングスキー】のコラボイベントに参加してきました。文具メーカーの”中の人”と直接会話したり、ブングスキー...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【リプラグ×ブングスキー】イベントまとめ

10月21日(金)に行われた【リプラグxブングスキー】のイベントをコラムニストの皆さんがレポートしております。 こちらは、そのまとめページにな...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

文具と寿司が大好きなノグチノブコと申します。

はじめまして、ノグチノブコです。初コラムなのでカンタンな自己紹介が中心です。過去にクラウドファンディングで制作した「おすし付箋」のことも...

【リプラグ×ブングスキー】繊細でアートなカレンダー「glassine paper Calendar」

【ちょい工作】本日の文具忘年会、わたくしのプレゼントは、、、

クリスマスや忘年会での楽しいプレゼント交換。 その中身を先に明かしてしまうのだから、無粋なことはわかっている。 そこは、本日の忘年会...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア