2016年12月7日更新

工作の文房具。

私が普段工作するときに使っている文具のお話。

PalloBox

大阪で工作ワークショップの講師&ハンドメイドクリエイターをしておりますPalloBox北川聖子です。
紙(特に厚紙)と木工用ボンドが大好物(笑)又の名を西の工作師。

View
661
クリップ
0

自己紹介

初めまして。PalloBoxの北川聖子と申します。
ご縁がありましてブングスキーでコラムを書かせて頂くことになりました。

普段は大阪で土日に工作ワークショップをしていたりminneで作品を販売していたりしています。
実は今まで文房具については特に意識して使っていなかったのですが、ふと思い返してみると私なりにいろいろ工夫してたりするのでそのことを書いていけたらと思ってます。

よろしくお願いいたします。

使い古した多色ボールペン

本当に使い古しているので恥ずかしいのですが…。

多色ボールペンって一般的には1番始めに黒のインクがなくなるでしょう?そうなると私は工作用に回します。
他のインクが残っている色はそのまま使うのですが、インクが切れた黒は折り目を入れたいところに定規を当て折り筋をつけるのに使うのです。
印刷加工の節約の為に思いついた小技ですが結構重宝しています。

万能定規ピッチマン

ブングスキーな方ならこの定規を知ってるかもしれません。昔テレフォンショッピングで紹介されていた商品です。

私は残念ながらピッチマン本体を数年前壊してしまったので、ピッチマンミニしか持ってないのですが。(ミニも欠けてたり目盛りが一部消えてたりしてます)

この定規ローラーが付いていまして、平行線が楽に引けます。

ミニだとその程度なのですが、本体はローラーにストッパーが付いていて設定した長さで等間隔の平行線が引けたのです。この機能が1番重宝したかも。他には分度器やコンパス機能が付いてたりしたので製図や作画をする人には良い文房具でした。

私がピッチマンを買ってもらったのは中学生の頃なので20年弱(!)の付き合いになります。そりゃ本体壊れるわ。

残念ながら現在は製造販売されておりませんが、オークションサイトには未使用ものも出回っているようなので気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

工作の文房具。

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

工作の文房具。

PalloBoxTimes2017年5月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

工作の文房具。

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

工作の文房具。

原稿用紙柄の包装紙

紙匠雑貨エモジさんの新商品です。

工作の文房具。

オオカミ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作レシピ第2弾です。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア