2016年12月14日更新

スタンプインクあれこれ

年賀状シーズンの今、スタンプインクを選ぶのに良い時期ですよというお話。

PalloBox

大阪で工作ワークショップの講師&ハンドメイドクリエイターをしておりますPalloBox北川聖子です。
紙(特に厚紙)と木工用ボンドが大好物(笑)又の名を西の工作師。

View
687
クリップ
0

私のスタンプインクコレクション

先日、ハンドメイドマーケットminneで私の消しゴムハンコをお買い上げ頂いたお客様からオススメのインクパッドがあれば教えて欲しいとメッセージを頂いたので改めてスタンプインクについて考えてみました。

しかし私は消しゴムハンコを作る時持ち手に押すのと、ワークショップをする時にお客様に押してもらうのと、作品制作の時ちょっと使うくらいなのであまりこだわりがないのです…。

なのでほとんど100均のものです。ワークショップをする時は気負いなく使えるので助かっていますが、色を重ねたりとか濃い色の紙に押したりとかはできませんね。

文房具店で見かけるインクパッド

100均のはメーカーは分かりませんが、普通に文房具店などで売られているインクパッドはこのシリーズがほとんどではないでしょうか。

株式会社こどものかおさんのニューウォーターカラーS。
普段でも販売されてはいますが今の時期は年賀状シーズンですから品揃えが一番いい時です。グラデーションのニューウォーターカラーLなどはネオンとかみやびとか色のトーンバリエーションも豊富です。

他にも速乾インクのものとか香り付きのインクまであります。

色選びのアドバイス

スタンプインクを選ぶポイントは用途(紙だけでなく布やプラスチックにも押したいとか)と色であると言えますが、色を選ぶ時はちょっと注意しないといけないことがあります。

薄い色のインクは実際押してみるとインクのスポンジの色よりも薄いということです。

写真のはハンコに着いていた赤のインクが取りきれなくて若干色が混ざっています。それくらい色としての力が弱いです。
私の場合多色使いのサブ色だったのでいいのですが、普段使いするのにはちょっと難しいかなと思います。

スタンプインクを選ぶ際はちょっと濃い目の色を選ぶのが無難ではないでしょうか。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

スタンプインクあれこれ

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

スタンプインクあれこれ

PalloBoxTimes2017年5月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

スタンプインクあれこれ

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

スタンプインクあれこれ

原稿用紙柄の包装紙

紙匠雑貨エモジさんの新商品です。

スタンプインクあれこれ

オオカミ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作レシピ第2弾です。

関連するコラム

スタンプインクあれこれ

「書く・貼る・捺す・デジる」展2015おみやげレポート

キングジム、シャチハタ、ゼブラ、ニチバン、ヤマトという、文房具業界屈指の老舗メーカー5社の合同展示会、「書く・貼る・捺す・デジる」展をご存...

スタンプインクあれこれ

【BY1PHOTO】安定の消し心地。ずっとずっと愛用しています。

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたく...

スタンプインクあれこれ

【BY1PHOTO】立つことが嬉しい。

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたく...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア