2016年12月15日更新

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

ノートに書かれたそれぞれのストーリー、実際に手に取って読むことができる貴重な展示会のお話です。

ハヤテノコウジ

文房具・手帳スケッチイラスト愛好家。イラストレーター。モレスキンアーティスト。スケッチジャーナルを制作。欧州文具、北欧旅をこよなく愛する。「手帳で楽しむスケッチイラスト」「新 手帳で楽しむスケッチイラスト」「イラストノート」等に登場。旅雑誌「TRUNK」で連載中。
ブログ:http://sync-ideas.net/
公式サイト:http://koujihayateno.com/

View
1,178
クリップ
0

外苑前のギャラリーに、ノートに書かれた作品が並ぶ。

ノートや手帳でアート表現をしている活動は、世界中で見かけます。InstagramやPinterestでたくさんシェアされています。日本ではほぼ日手帳やモレスキン、トラベラーズノートなどに書いた手帳スケッチが、新たな趣味として普及しつつあり、楽しいトレンドが巻き起こっていますね。

私ハヤテノコウジもこの趣味をもっと広めようと「スケッチジャーナル作家」として展開する毎日です。

アートのキャンバスがノートになる、つまり中を開くまでわからないということです。今回ご紹介する展示会では、作品を手に取ってじっくりと読むことができます。

写真撮影禁止のためイメージを投稿できません。そのかわり、どんなノート(一部手帳もあり)に作り手のストーリーと創作表現が盛り込まれているのかをお伝えしましょう。

わかった範囲では、アーティストたちの今回の展示には、下記のノートが使われていました。

ナヌーク

無印の絵本ノート

モレスキン レポーターポケット

ほぼ日 プランナー

ツバメノート

マルマン ヴィフアール スケッチブック

トラベラーズノート

コクヨのスクラップブック

MDノート

フリーダイアリーノート


いかがでしょうか。あなたがお使いのノートはありましたか?

詳細は下記ページにてご確認ください。

exhibitions - gallery DAZZLE の展示

mybook001

 

日時:2016年12月13日(火)〜12月25日(日)12:00〜19:00(最終日17:00まで)
会場:ギャラリーDAZZLE 東京都港区北青山2-12-20 #101

文具とアートの深い関係性を探る、良い機会。


印象的だったのは、ほぼ日プランナーに赤・青・黒の3色を、万年筆で使って躍動感のあるイラストの作品、極細のペンで書かれたと思われる線の整列と平行と交差あふれる作品、文字から絵の部品まで、すべて紙を切り抜いて作っている作品の3つです。閉じられた空間の中を開いてみるという、申し訳ないような気持ちと見てみたい好奇心の狭間に揺れる感覚も面白い。

身近なツールである文具を使ったアートについて、2017年は研究していきたいと思います。


今回もキートス!

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

「ネットde手帳工房」ブロガーミーティング絵日記

キャノンITソリューションズ株式会社が、2017年9月4日からスタートする新サービス「ネットde手帳工房」のブロガーミーティングに参加しました。そ...

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

4色の色鉛筆1本あれば・・の実験結果「LYRA FARB RIESEN 4COLOR」

ドイツ製の4色の色鉛筆でどんな表現ができるのか、を試してみたというお話です。

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

「経費科目のスタンプ」でレシート整理を少しだけ楽しむ

確定申告のシーズン、大量のレシートや領収書を整理するのを、専用スタンプで少しだけ楽しんだお話です。

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

「日本の白地図」を手帳やノートに貼るロマン

白地図のふせんを活用して旅への思いを馳せました、というお話です。

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

2017年のVISIONを、おろしたての手帳に書く

2016年の大晦日に、2017年のVISIONを書いてワクワクした、というお話です。

関連するコラム

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

【緑推し】レイメイのライトマン

光るだけでは無いのがポイントです。

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

ブングスキー、スタートします!

文具好きの、文具好きによる、文具好きのための文具情報サイト、ブングスキーがついにオープンします! 以下、プレスリリースの内容となります。

「ノートのアート」を存分に味わう展示会「My BooK vol.5」

文通に想いを馳せる。

私が2017年やってみたいことの1つに文通があります。しかし大体の近況をSNSで書いちゃうこのご時世にどのような方法があるのか、考えてみました。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア