2016年12月24日更新

10周年目のマナー

ZEBRAのクリップオンシリーズはロングセラーかつ人気商品ですが、「マナー」があったことをご記憶でしょうか……?

きいちご堂

はじめまして。きいちご堂です。
最近の特技は「オレンズ」0.2mmの芯を折ること。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

View
560
クリップ
0

多色ボールペンを探していました

ノックしてカチカチ色替えをする多色ボールペン。
新作を求めて店頭で物色している中で見つけたのが、
「クリップ・オン・マナー」。
「マナー」の名の通り、ノック時に発生する「カチカチ音」が「低減」とあります。
なんと筆記具の世界にも「マナーモード」が。電話(ケータイ)だけじゃないんだ。
新鮮さを感じて即購入。
10年前の話です。

「マナーモード」切り替えヘッド付き

いつの間にか破損

2年ほど前(購入から8年)、クリップ部分が折れてしまい、「クリップオン」できない体になってしまったかわいそうな状態に。

クリップのバネから先が消えてしまった

8年使ったのだから、これは買い替え時と思いまして、お手々のマークで有名な建物に行ってきました。
黄色地に黒のロゴが映えている建物にも行ってきました。

……1ッッッ本も見当たらないッ!

どうしたことかと思い、スタッフの皆さまに問い合わせるも、
「マルチですか?」
と逆質問が返ってきてしまいました。

マルチじゃないの。
マナーなの。

お客様相談室に相談

生まれて初めてゼブラさんに電話をかける緊張とともに期待も高まります。
型番を告げ、クリップ・オン・マナーの名を告げると、

「廃番になりました」

なんですって。なにその重版未定に等しい単語は。

「実はクリップが折れてクリップできなくなってしまったんです。
でも、マナーの静かなノック音に慣れてしまったので、
新しいボディがほしいのです」

「ありがたいことですが、今はもう作っておりませんので……」
電話の向こうで済まなそうな相談室さん……。
相談室さんのせいではないのですが、残念で仕方がないのです。

しかし新しいのが買えないとなれば修繕していくしかなく。
クリップの折れたギザギザは紙やすりで滑らか仕上げに。
これでケガもしないでしょう。

これからのゼブラボールペンはマナー標準

お願いですゼブラさん。
マナー機能がついているからクリップ・オン買ったんです。
これからのノック式多色ボールペンにはマナーモードの「カフッ」て感じの、あの独特の柔らかい音を。

無理ならお願いです。
クリップ・オン・マナーを復刻してください。
図書館でもガンガン色替え放題の静かなマナーモードをなにとぞなにとぞ。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

10周年目のマナー

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

関連するコラム

10周年目のマナー

革の下敷きに一目惚れ♪

先日、革の下敷きとの出会い、そして一目惚れ・・・というお話です。

10周年目のマナー

「書く・貼る・捺す・デジる」展2015おみやげレポート

キングジム、シャチハタ、ゼブラ、ニチバン、ヤマトという、文房具業界屈指の老舗メーカー5社の合同展示会、「書く・貼る・捺す・デジる」展をご存...

10周年目のマナー

文通に想いを馳せる。

私が2017年やってみたいことの1つに文通があります。しかし大体の近況をSNSで書いちゃうこのご時世にどのような方法があるのか、考えてみました。

10周年目のマナー

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア