2016年12月31日更新

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

保険屋のお姉さんが使っていたしおりを作ってみました、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
4,742
クリップ
0

はじめに

早く終わらないかな。。。

年に一度の生命保険の契約説明、退屈しながら聞いていた。
まるで「耳に音があたっている」感覚である。

保険屋のお姉さんがおもむろに手帳を開くと、私は「あるもの」に目が釘付けになる。

工作師:何ですか?そのデルプ。
保険屋:デルプって何ですか?

保険屋のお姉さんに、逆に質問される。

説明しよう。
「デルプ」とはマックス株式会社さんが販売している、書類を束ねる紙が素材の紙バサミ。
3ステップでカンタンに綴じることができ、繰り返し使える。
しかも紙素材なのでそのまま捨てられるため、環境にも優しい画期的な商品である。
唯一の欠点は書類の角を折ってしまうこと。

 →デルプ

保険屋のお姉さんの手帳に挟まっているのは、デルプではない。

工作師:自分で作ったんですか?これ。
保険屋:会社の人に折り方を教わったんです。

よく観察すると、書類の角を挟んでいるだけである。
手帳を振ってみたが、しおりは落ちない。
しかもこの紙バサミ、書類の角を折ってしまうこともない。

工作師:折り方、教えてくれないかな。
保険屋:いいですよ。

退屈な気持ちは吹っ飛び、今や前のめり。

作り方

正方形の紙を準備する。
紙バサミは元の紙の縦横半分、面積で1/4の大きさになる。


まず縦半分に折る。


さらに半分におる。


紙を広げて、対角二カ所を三角に折る。


折ってない部分の片方を、裏にむけて三角に折る。


二カ所を折った方を内側に、そして斜めに折る。


裏側に折り込んだ三角がある方を内側に、半分に折る。


裏側に折り込んだ三角を、ポケットになっているところに差し込む。


完成。

使ってみる

手帳のしおりにする。
手帳を振ってみるが、落ちない。


多少ルーズに感じる場合、クリップでとめればよい。
この場合クリップは紙バサミに隠れて見えなくなるので、紙で綴じている外観は損なわない。

まとめ

この折り方、つい最近SNSで話題になったのだが、実は昔からある折り方らしい。

これ考えた人、スゴイな。
紙って、可能性のある素材だな。

しばしの沈黙の後、保険屋のお姉さんがつぶやく。

保険屋:そんな小野さんにピッタリの保険があるんですが!
工作師:はぁ。。。

退屈な時間が、また始まる。

( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【文具祭り速報⑦】信誠堂 素敵なオリジナル商品!

千代田区神田神保町・水道橋にあります文具・文房具と事務機のスーパーストア

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

【小学生と文具交換した】一生懸命説明してくれるのがかわいい。(・∀・)

地元で小学校のブラバンの指導を手伝っているのですが、先日クリスマス会ということで、300円縛りのプレゼント交換をしました。 わたくしには、...

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

15年前の自分に教えてあげたい製本ファイル

前職は商社勤務だったのだが、ソフトウェアを扱う部署にいたときは、サンプル貸し出しや協業のお話があるたびに、NDA(機密保持契約)を締結すべく...

【自称工作師がつくる「自作デルプ」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア