2017年1月10日更新

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。
今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、
『世界に一つだけのペン』にしてみました。

きいちご堂

はじめまして。きいちご堂です。
最近の特技は「オレンズ」0.2mmの芯を折ること。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

View
1,125
クリップ
0

新年の決意表明。

受験シーズンになると、サクラサク柄のパッケージに包まれた、消しゴムのおまけつき『Dr.Grip CL』が店頭に並びます。
おまけとか季節限定とか、あっさりひっかかるわたくしは、受験生でもないのに毎年、CLを1セットは買っています。
買うだけ買って、何もしないのはもったいない。
今年はいよいよ使うことに決めました。

I have a pen.

わたくしお絵描きが好きです。
そこで、デコる内容もお絵描きで攻めます。

ゼブラさんの『紙用マッキー』。水性顔料インクだから耐水性あり。

I have a paper.
ふつうのコピー用紙です。

I have a cutter.
NTカッターA-300です。

I have a ruler.
クツワの『HiLINE』。これだけで紙はカットできてしまう定規。

PPCRで道具の用意ができました。

パッケージ裏の説明書をよく読みつつ、カスタマイズ開始です。

見るとなんだか大変な手順を踏むようなイメージ。
ですが、作ってみると、こうとしか書きようがないと実感。

コピー用紙を必要サイズにカットします。
最大サイズ40mm×37mmが便利、と説明書にあるので、
デコレーションフィルムのタテ寸法40mmを、まず合わせます。
フィルムに巻いてみて、35mmでも足りるとわかったので(37mmだと紙の端が多めに重なる)、
ヨコ35mmでカット。

タテが40mmです。
パターン柄をプリントしてデコる場合、ヨコ寸法は透明パイプの円周ぴったりに取ると、
柄のつながりがキレイかもしれません。

さあ~描いちゃいますからね(しまっちゃうおじさん風)。

紙用マッキーで線描きします。

ゼブラさんの『マイルドライナー』から2色。
この子は金髪の坊やなので黄色、
朱色のボーダーシャツがトレードマークなので、近い色をセレクト。

金髪になった!
水性マーカーで色付けしても、
紙用マッキーはにじんでいない!>やったー!

しましまボーダーシャツ。

名前入れてあげました。キッパー。
知る人ぞ知る男の子です。

必要なパーツはそろいました。デコりましょう。

デコレーションフィルムに紙を巻きつけます。

完成でーす!

無事に世界に一つだけのペンができあがりました。

できあがってみると、パイロットさんのシャープペンシルをゼブラさんのマーカーでデコったという結果に。

みんな作ったことあるよね。

Dr.Gripシリーズの中でも、この『CL』は『デコる』ことを前提に作られていて、カスタマイズしやすいです。説明書もついていますし。
特許出願レベルまでいくような本格的工作はできないとお嘆きの方にも、チャレンジしやすい商品だと思います。
新年の工作初めにぜひどうぞ。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
柚月さま
はじめまして(╹◡╹)
コメありがとうございますm(_ _)m
巻きつけた紙は、特にとめていません。
巻き終わりを指で押さえながら、サヤに収めてしまえば、
サヤと透明パイプの間にあまりゆとりがないので、
巻き戻りもありませんでした。
ぜひ作ってみてくださいませ〜(o^^o)
きいちご堂 | 2017/01/11
きいちご堂さん、はじめまして^_^
とっても可愛いですね。
私もやってみます。
最後の巻きつけたあとは紙はテープなどで止めてますか?
もし宜しければ教えて下さいませ^_^
柚月一乃 | 2017/01/11

こんなコラムも書いています

新しい年に初挑戦企画。

10周年目のマナー

ZEBRAのクリップオンシリーズはロングセラーかつ人気商品ですが、「マナー」があったことをご記憶でしょうか……?

関連するコラム

新しい年に初挑戦企画。

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

新しい年に初挑戦企画。

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

新しい年に初挑戦企画。

【自称工作師が考える「文房具の定義」】

「文房具とは何か」その定義を、自称工作師なりのアプローチで考えてみる。

新しい年に初挑戦企画。

封筒の中に封筒

工作師小野さんとの文通で作った封筒が、思いの外良いリアクションを頂いたのでレシピをご紹介します。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア