2017年2月6日更新

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

学生時代にサラサクリップで勉強したであろう若いビジネスマン向けのサラサ、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
1,249
クリップ
0

月2回連載している「一筆館コラム」。
2月5日分が公開されました。

○一筆館コラム(リンク)

 →【若手ビジネスマンにピッタリのボールペン】

 

。。。
今回、ゼブラさんのボールペンを紹介しました。

しかし、日本茶色普及協会とゼブラさんとの「わだかまり」は、氷解したわけではございません。

 

○わだかまり

 →【自称工作師が茶化す「ジュース」】
 →【自称工作師がためす「サラサクリップ×不二家」】
 →【自称工作師がつかう「ゼブラの新商品」】
 →【自称工作師が愛する「普段使いのボールペン」】

 

私がゼブラさんに伝えるべきことは「お客様の声」として、すべてお伝えしました。

つまり、すべてのボールはゼブラさんにあります。


ゼブラさんの回答を、楽しみにお待ちしております。

( ̄▽ ̄)T

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師が考える「シールの新しい作り方」】

セラミックカッターを「あのシール」に適用しました、というお話。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師が考える「理想の重心バランス」】

「他人から見たらどうでもいいことに対する執拗な情熱」をもつ45歳工作男子、というお話。

関連するコラム

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

モグラ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒その3です。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

封筒の中に封筒

工作師小野さんとの文通で作った封筒が、思いの外良いリアクションを頂いたのでレシピをご紹介します。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

【自称工作師が考える「文房具の定義」】

「文房具とは何か」その定義を、自称工作師なりのアプローチで考えてみる。

【自称工作師が薦める「サラサグランド」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア