2017年2月20日更新

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

快楽を追求するため「高速回転綿棒」を作ってみました、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
2,323
クリップ
0

はじめに

百均で売っている「電動字消し」。

私は耳をいじるのが大好きな、綿棒ジャンキー。
ペンケースには、耳かきが常に入っている。

電動字消しを眺めていると、綿棒の太さと、差し込む消しゴムの太さが、ほぼ同じであることに気づく。

ん?

ひらめいた。

電動字消しのマブチモーターによる高速回転の特性を用いて、綿棒を高速回転させれば、耳で快楽を追求できるかもしれない、と。

というわけで、今回は高速回転綿棒をつくってみる。

今回使った材料

1)電動字消し

2)綿棒

3)マスキングテープ

作り方

1)差し込み用の綿棒の作成

電動字消しに綿棒を差し込んでみる。
ちょっとゆるいので、綿棒の片方にマスキングテープを貼って太さを調整する。

2)組み立て

太さを調整した綿棒を本体に差し込む。

完成。

使ってみる

綿棒が高速で回転すると、どれだけ気持ちイイのだろうか。
めくるめく快感を想像し、ドキドキしながらスイッチを押す。

「ブーン」(回転音)


しかし、回転が速すぎて、少しでも回転軸がずれると序々に回転がゆがみ、そしてついには綿棒が飛んでいってしまう。
上から見ながら綿棒を中心に差し込んでみるも、結果は同じである。


うーん、困った。
よし、考えよう。

「マブチモーターの回転は驚くほど速い」
「まっすぐに差し込まなければ、回転軸がずれる」
「人力でまっすぐに差し込むことは、事実上不可能だ」
「しかし、手で綿棒をかるく押さえながら回すと、回転のゆがみを補正することができる」
「今回は耳にいれて使うから、耳で綿棒を押さえられる。。ということは」

そうか!

先に綿棒を耳に入れてからスイッチを押せば、耳の穴で回転のゆがみを補正できるんだ!

まず、スイッチを押さずに綿棒を耳に入れる。

次に、スイッチを押す。

「ウィーン」(モーターの音)

綿棒が高速回転する。

ん?
ああ”ぁぁ~
%&$#★!*


回転が速すぎて刺激が強すぎる。気持ちイイどころか、イタイ。。
それでも痛みの先に快楽があることを信じ、続ける。


。。。


痛みの先ある快楽は、見つからない。。。。
あきらめて、スイッチから手を離し綿棒を抜く。


耳がヒリヒリと痛い。

ふと綿棒をみると、血がにじんでいる。

まとめ

今回は、全く実用的でないものを作ってしまう。
しかも、作ったのは文房具ではない。


耳の粘膜を痛めたのか、その後2日ほど痛みは続く。
よい子は決してマネをしてはいけない。。


結論として、「電動〇けし」では「大人のおもちゃ」はできない。


( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

【BY1PHOTO】安定の消し心地。ずっとずっと愛用しています。

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたく...

【自称工作師がつくる「高速回転綿棒」】

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア