2017年2月25日更新

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

日本の技術屋が本業で培った技術を使って文具を作るとこうなります、というお話。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
1,793
クリップ
0

昭和46年創業の東洋精密工業。
金属エッチング、フォトマスク、回路基板など、電子部品の精密加工を本業とする奈良県の会社である。

そんな硬派な会社が、本業で培った技術を使って文具を作った。


金色の和柄のしおり「和柄ブックマーカー」。



全12種類あり、今回手元にあるのは「夏金魚」。 ※現在は冬ですが。。。

サイズは22mm×123mmで、厚さは0.3mmと非常に薄い。

薄い金属でできているのに頑丈で、無理に折り曲げなければ壊れることはなさそうである。

表面加工は24金メッキで、繊細な模様をさらに華やかなものにしている。



日本の中小企業の圧倒的な技術力、後継者不足等で淘汰されてしまうことは国家的損失である。
技術とデザインの世界が融合し、こういう雑貨や文具が世に出るようになることを私は願う。



。。。
実際にしおりを使ってみる。

本に挟むとこんな感じ。

手帳に挟むとこんな感じ。

ん?

たまたま手帳に挟んだところが3月9日。。。

あ、この日は「文具祭り」じゃないか。



というわけで、皆さま。

当日は、渋谷の東京カルチャーカルチャーに集まりましょう!

記念すべき第20回、カバー写真は。。。







「工作師」です。



( ̄▽ ̄)T

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【緑推し】レイメイのライトマン

光るだけでは無いのがポイントです。

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

半色(はしたいろ)の文房具 ver1

私所有の半色の文房具の魅力をお話しさせて頂きます♪

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

赤い文房具 ver.1

私所有の赤い文房具の魅力をお話しさせて頂きます♪

【自称工作師がもらう「すごいしおり」】

【BY1PHOTO】スッと立って、いつでも“書く”にん。「SUTTO」

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたくで...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア