2015年7月27日更新

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

お気に入りの軸で蛍光ペンを。
未使用のサインペン芯を入手するのに苦労するかと思ったら。。。
日本の文具店の品揃えは、世界一。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
8,887
クリップ
1

はじめに

多くの蛍光ペンは使い捨て。
インクがなくなったら、買い替えなければならない。
今回は交換リフィルを使い、お気に入りの軸で蛍光ペンを作ってみる。

私はボールペンの改造を得意としている。
前回作った「筆ペン」は、カンタンな加工でリフィルを入れ替えることができた。
単純に入れ替えるだけでは、モノ足りない。
今回はリフィルそのものを作ってみる。


工作のポイント

通常の蛍光ペン、先がナナメで平たくなっている。
しかも、購入時にペン先まで蛍光インクが浸透している。
お気に入りの軸に入れるための蛍光ペンリフィルを作るならば、先端が平たくなっていないサインペンのような芯で、かつ未使用のものを探さなければならない。
これの入手が、今回の工作のポイントである。

未使用のサインペン芯。。。
そもそもあるのかどうかわからない。

ダメもとで文具店の店員さんに聞いてみる。
「ありますよ!」と即答。
プラチナ萬年筆の「ソフトペン専用替チップ」。
しかも値段は、200円足らず。

何でもあるんだな。。。
日本の文具店には。

蛍光ペンの交換リフィルも、あっさり見つかる。
「ぺんてる 蛍光ペン専用インキカートリッジ XSLR3」

標準のリフィルに形状が似ているため、コレを利用する。


今回必要な材料

1)モンブランローラーボール№P163 ※お気に入りの軸
モンブラン№P163

 

2)プラチナ萬年筆「ソフトペン専用替チップ」
プラチナ万年筆替チップ

 

3)ぺんてる「蛍光ペン専用インキカートリッジXSLR3」
ぺんてる蛍光ペンリフィル

 


今回必要な道具

なし

 


作り方

1)ソフトペン専用替チップの準備
 チップを袋から出し、もともとサインペンのペン先になるはずの黒い部品を外す。
替チップの準備

 

2)蛍光ペンの準備
 蛍光ペンインキカートリッジを、袋とケースから取り出す。
 アタマについているプラスチックの部品から、カートリッジを分離する。
 通常の蛍光ペンはスポンジを紙にくるんだだけだが、ぺんてるのカートリッジは比較的硬い材質でくるまれているため加工しやすい。
カートリッジの準備

 

3)リフィルの作成
 ソフトペン専用替チップを、カートリッジのまんなかに差し込む。
 カートリッジ内部はスポンジ状になっているので、チップを差し込むことができる。
 標準リフィルと長さが合うように調整しながら、チップを差し込む。
 リフィルができたら、下に向けてペン先にインクが浸透するのを待つ。
リフィルの作成

 

4)組み立て
 軸の中にリフィルを入れて、組み立てる。


完成。

 


使ってみる

実際に書いてみる。
書いてみる

。。。
おおお!
お気に入りのペンが、ちゃんと蛍光ペンになってる。
平たくなくても、蛍光ペンとしては機能する。
いつか、ちゃんと平たくなった蛍光ペンを作ってみることにしよう。

これで資格試験もバッチリだ!

 

まとめ

わたしレシピ。

わたしレシピ

 

。。。
「高級蛍光ペン、世界初だろうな~」と思い、ネットで調べる。

ん?
なんと本家モンブランの現行品に、「蛍光ペン」が存在することが判明。

マイスターシュテュック ル・グラン 166 ドキュメントマーカー。
59400円。。。

え?
普通の蛍光ペン約594本分の値段。

おいおい、モンブラン!
だれが60000円ちかくする蛍光ペンなんか使うんだよ。


蛍光ペンなんていうのはなぁ。。。


「改造」で十分なんじゃ!

 

(注:普通の方は、「改造」しなくても十分です)

( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 

 

 


<免責事項>
ボールペン改造、もしマネするひとがいるならばトラブルが起きても当方では責任を負えません。
自己責任で行ってください。

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

茶の文房具 ver.1

私所有の茶色い文房具の魅力をお話しさせて頂きます♪

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【自称工作師が訪れる「ピグモン」】

職場から徒歩3分の場所にある東洋画材ラボに行ってきました、というお話。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【緑推し】日本理化学のテープ黒板

貼ったら別のものになって要らなくなったら剥がしたら元通りっていうのがいいですね。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「蛍光ペン」】

【BY1PHOTO】片手で使えるノック式蛍光ペン「ノック式ハンディラインS」

【BY1PHOTO】一枚の写真で文具を語る。 文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」( http://mai-bun.com/ )の編集長たかたくで...

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア