2017年5月13日更新

オオカミ封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作レシピ第2弾です。

PalloBox

本と文具と工作ワークショップの人。文具界隈では西の工作師。ブクブク交換ユニットSkyBook片割れ。あべのベルタ地下2階のあべのbase240土曜メンバー。工作できるコワーキングスペースやってます。

View
991
クリップ
0

オオカミに食べられた人が手紙を届けてくれる封筒

工作師小野さんとの文通で何かサプライズを仕掛けることを自分ルールにしているのですが、やはり開けてびっくりというのがサプライズの王道なのでしょうか、封筒ネタが多いです。

この前の封筒の中の封筒よりも前に出したネタですがオオカミ封筒のレシピをお送りします。

文通で使ったのはこれです。市販の封筒を切ったり貼ったりして作りました。
これを作ったのは良かったのですが、完成した途端「これどないして封すんねん…」とツッコミを入れてしまいました。悩んだ挙句貼ってはがせる両面テープナイスタックリムカを使って何とかしました。

でもナイスタックリムカは緊急処置で、郵便物としてちゃんと送るにはちゃんと封をしなければなりません。そこが改良にあたっての1番の課題でした。

やはりミシン目が好きな私

先日お菓子の箱を開けた時に、この作りを真似たらいける!と閃いて改良版を作ってみました。
今回は同じ口の形を何回も使うのでPCで展開図を作成。

封筒の本体部分をくり抜いたらこんな感じです。口と口の間の空白はのり代です。

のり代の間に手を貼り付けます。一応指にも切り込みが入れてあっていろいろな挟み方が出来るようにしています。

封筒で言うところのフラップ(ベロとか頭とも言います)部分の口の形に合わせてミシン目を入れていきます。
どうも私の作るものはミシン目カッターが使えないミシン目が多いです…。地道にカッターで入れてます。

フラップに糊付けして(口のところは糊を付けません。ここ注意!)封筒を閉めます。
これは試作なので中に何も入れていないのですが、中に便箋など入れてから糊付けします。

閉めたフラップの上からオオカミの顔部分を糊付けします。上半分は全面、下はミシン目の内側(つまり口のところ)のみ糊を付けます。

糊が乾いたら完成です。

早速ぺりぺりして開けてみました。
おお、なんか手描きの時より口の中が迫力あるような気がする…。

コピー用紙で作ったからいろいろ透けてしまっていますがもうちょっと厚い紙を使ったら丁度良いかもしれません。
ぽち袋なんでこれをお年玉袋に…どうなんでしょうね(苦笑)

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

オオカミ封筒。

文通セレンディピティ2018

今年も物語する芸術祭inからほりで文通セレンディピティという企画をしています。

オオカミ封筒。

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

オオカミ封筒。

スノードーム封筒。

2018年最初の工作封筒レシピです。今回は失敗作もご紹介。

オオカミ封筒。

工作年賀状2018

西の工作師は年賀状も工作します。

オオカミ封筒。

マジックスクリーン封筒。

お久しぶりの工作封筒レシピです。

関連するコラム

オオカミ封筒。

PalloBoxTimes2017年5月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

オオカミ封筒。

見知らぬ誰かと文通を

前回記事を書かせていただいた紙匠雑貨エモジさんで、文通セレンディピティという企画を致します。

オオカミ封筒。

PalloBoxTimes2017年1月号公開しました。

私が連載しておりますデジタルフリーペーパーです。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア