2017年5月17日更新

原稿用紙柄の包装紙

紙匠雑貨エモジさんの新商品です。

PalloBox

本と文具と工作ワークショップの人。文具界隈では西の工作師。ブクブク交換ユニットSkyBook片割れ。8月からあべのbase240の土曜メンバー。工作できるコワーキングスペースやってます。

View
796
クリップ
0

透け感のある横長の包装紙

大阪の谷町六丁目、空堀商店街にあります紙匠雑貨エモジさんから新商品が発売されまして早速購入しました。
包紙(つつむかみ)というこの商品、包装紙です。27㎝×50㎝と独特な横長サイズ。原稿用紙柄と葉っぱ柄があります。もちろん私は原稿用紙柄をチョイス。色も茶色と緑がありました。

長〜い原稿用紙って感じです。だって1200字詰めですもの。これ1枚でちょっとした小論文が書けてしまいますよ。

お店では粗品のトイレットペーパーを包んでいましたが、個人的にはもったいない気がするのでブックカバーとして使おうと思います。せっかく原稿用紙なんだから感想文を書いて一箱古本市で売ったら面白そう。縦が27㎝あるのでコミックとかハードカバーに向いてるかもしれません。文庫は普通の原稿用紙が良さそうです。

ちゃんと字が書けるのか実験

あくまで包装紙なので表面はツルツルしています。頑張れば文字が書けるかもと聞いていたのでとりあえず手持ちの文具を試してみました。

右上から順番に万年筆、青ボールペン、油性マジック、パイロットのHI-TEC-Cそして消しゴムハンコ。
びっくりしたのが消しゴムハンコですね。ツルツルしてるから絶対インクを弾くと思っていましたが、ちゃんと染み込んでいます。
筆圧の関係で危なそうなのがボールペンとHI-TEC-C。薄い紙なのでガリガリ書く方はあまり硬いペンを使わない方が良さそうです。

裏移り具合はこんな感じです。やはりマジックとハンコは下に何か敷いた方がいいですね。
結構書き込めることが分かったので他にも使い方を開発出来そうな予感がします。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

原稿用紙柄の包装紙

手帳封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。

原稿用紙柄の包装紙

金魚封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。

原稿用紙柄の包装紙

文紙MESSE2017に行って参りました。

大阪で開催されている日本最大級の文具と紙製品の見本市、文紙メッセに行って参りました。

原稿用紙柄の包装紙

PalloBoxTimes2017年6月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

原稿用紙柄の包装紙

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

関連するコラム

原稿用紙柄の包装紙

マスキングテープ人気のスゴさ

仕事帰りに誘われて、mt グランマルシェというイベントに行って参りました。

原稿用紙柄の包装紙

作品展示と文房具

こんなところでも文房具が活躍した!というお話です。

原稿用紙柄の包装紙

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

原稿用紙柄の包装紙

PalloBoxTimes2017年3月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーのお話です。

原稿用紙柄の包装紙

文通に想いを馳せる。

私が2017年やってみたいことの1つに文通があります。しかし大体の近況をSNSで書いちゃうこのご時世にどのような方法があるのか、考えてみました。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア