2017年9月28日更新

手帳封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。

PalloBox

本と文具と工作ワークショップの人。文具界隈では西の工作師。ブクブク交換ユニットSkyBook片割れ。8月からあべのbase240の土曜メンバー。工作できるコワーキングスペースやってます。

View
209
クリップ
0

逆宣伝をしてみました。

今月の工作封筒は、結構前からアイデアは決まっていました。ちょうど手帳シーズンが始まるので手帳の封筒にしようと。
今回は工作自体は簡単なのですが開けた様子は開封してみないと分からないのでちょっと不安になります。

手帳の中身を仕込みます。

まず封筒の宛名面に普通に手帳のイラストを描きます。この絵をベースに他のパーツを作ります。

封筒と同じ素材の紙に手帳を開いた時をイメージして描きます。この紙を封筒の内側に貼るので、ズレないように紙の大きさを封筒に合わせています。
ちなみに私は封筒工作の為に私宛に来た封筒の綺麗な所とかを素材として切り取ってストックしています。

手帳の外側ができたら次は中身ですね。

開くとこんな感じ。
手帳の中身を自由にデザイン出来るワタシメイド手帳に因んで敢えて白紙にしてみました。(でもワタシメイド手帳はリングなかった…)
他にも秘密のメッセージを書いておくとかすると面白いですね。
これを両面テープで封筒の内側に貼り付けるのですが…。

中身を貼り付ける前に、封筒に手帳の線に沿ってミシン目を入れます。(毎度の事ですがミシン目を入れる時は中にカッターマット代わりの厚紙を入れています)
開けやすいようにペン挿しの所だけ少し切り取りました。

これで完成。最初の写真とほぼ変わりませんが封筒なのに既に便箋が中に入っているかのような厚みです。

そのまま宛名を書いても良かったのですが何か物足りない気がしたので宛名の所だけ別の紙を貼って、下には逆宣伝の謳い文句を書いてみました。郵便局の方向けの宣伝ということになるのでしょうか。

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

手帳封筒。

金魚封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。

手帳封筒。

文紙MESSE2017に行って参りました。

大阪で開催されている日本最大級の文具と紙製品の見本市、文紙メッセに行って参りました。

手帳封筒。

PalloBoxTimes2017年6月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

手帳封筒。

迷路のような封筒。

工作師小野さんとの文通で生まれた工作封筒レシピです。シリーズ化してきましたね。

手帳封筒。

PalloBoxTimes2017年5月号公開しました。

私がパブーで連載しているデジタルフリーペーパーです。

関連するコラム

手帳封筒。

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

手帳封筒。

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア