2015年8月15日更新

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

音楽一家で育った私。かつての夢は作曲家。
「音楽文具研究会」からヒントを得て作った、五線譜ペン。
音楽と文具のコラボ、今ココに。。。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
3,159
クリップ
0

はじめに

 

音楽一家で育った私は、昔から楽器や楽譜に慣れ親しんできた。
オペラの作曲家を志していた時期もある。
故あって夢をあきらめざるを得なかったのだが、今でも音楽に対する思いは人一倍強い。

譜面に音符を並べること、これはすなわち「アート」である。

既製の五線譜ノートは、五線の線幅がほぼ1種類しかない。
これでは自由な発想で、音符を並べることができない。
譜面そのものを描くペンは一応あるのだが、五線譜の線幅が変えられない。
可変の五線譜ペンを探してみるも、市販のものは存在しない。

「ないものは自分で作る」

今回は「可変五線譜ペン」を作ることにする。

 


工作のポイント

 

1)等間隔の五線を引く
 ボールペンが5本入る器を作る必要がある。
 幸いなことに「ジェットストリーム替芯5本セット」が売っていたので、リフィルはこれを利用する。
 等間隔にあく穴を持つもの。
 「音楽文具研究会」から、ダンボールを利用するアイデアをいただく。

 

2)線幅を可変にする
 書くときにはリフィルが固定されていなければならない。
 これに対し、線幅を変えるときはリフィルをスッと入れ替えられる必要がある。
 リフィルにちょうどいい大きさの穴をもつダンボールを探すのに苦労する。
 Amazonのダンボールを試してみるとちょうどいいので、ダンボールはこれを利用する。

 

 

今回の材料

 

1)ジェットストリーム替芯5本セット

 

2)ダンボール(厚さ4mmくらいのもの)

 

 

今回必要な道具

 

1)マスキングテープ

 

 

作り方

 

1)ダンボールの裁断
 縦の長さは6cmくらい。
 横は長さではなく、穴の数。
 必要な穴の数は、自身で「植木算」を使って算出する。

 間隔なしのとき、必要な穴の数は5個
 1個おきのとき、必要な穴の数は9個
 2個おきのとき、必要な穴の数は13個
     :
     :
 N個おきのとき、必要な穴の数は「4(N+1)+1」

穴の数

 

2)マスキングテープを貼る
 ダンボールの長い一辺に、マスキングテープ貼る。

マステを貼る

 

3)組み立て
 ダンボールの穴にジェットストリーム替芯を5本セットする。

組み立て

 

完成。

 


使い方

 

定規に当てて、まっすぐ線を引くと、五線譜が引ける。
替芯をセットする穴の間隔を調整すると、線幅が可変で五線譜が引ける。

 

間隔なし→4mm幅
間隔なし

間隔なし

 

1個おき→8mm幅
間隔1

間隔1

 

2個おき→12mm幅
間隔2

 

つぎに、五線譜ペンを左に10度くらいになるよう傾けて、線を引きながら90度に引き戻す。
こうすれば、最初と最後で線幅の異なる五線譜を引くこともできる。
可変

可変

可変

 

 

まとめ

 

わたしレシピ。

わたしレシピ

 

 


。。。


ま、実は音楽一家で育ったというのはウソで、楽譜は一切読めない。

作曲なんて、やったこともない。

( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 

 

 

<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。

 

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

紙匠雑貨エモジさんでオリジナルノート

とある件でお店に伺ったのですが(それはまた別の記事で)めっちゃかわいい細長ノートを作ってもらいました。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

PalloBoxTimes2016年12月号公開しました。

私が連載しているデジタルフリーペーパーのお話。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

文通に想いを馳せる。

私が2017年やってみたいことの1つに文通があります。しかし大体の近況をSNSで書いちゃうこのご時世にどのような方法があるのか、考えてみました。

【自称工作師がつくる「可変五線譜ペン」】

原稿用紙柄の包装紙

紙匠雑貨エモジさんの新商品です。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア