2015年8月21日更新

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

岡山県のK路さんからいただいた、ガラスペンのペン先。
群馬県のN島さんからいただいた、竹の廃材。
東京都の工作師がそれらを組み合わせて「竹のガラスペン」を作ってみる。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
2,826
クリップ
0

はじめに

 

群馬県のN島さんから、以前もらった竹の廃材。
何を作ろうか考えているうちに半年が経過してしまう。

先日、岡山県のK路さんから、大きな桃と一緒にガラスペンのペン先を1ダースいただく。
竹の太さとガラスペンのペン先、よくみるとピッタリである。

組み合わせてガラスペンを作ることにする。

 


工作のポイント

 

1)ガラスペンのキャップ

ガラスペンのペン先は万年筆のそれと同様、壊れやすい。
ペン先をハダカのままにしておくわけにはいかないため、キャップを作る必要がある。
またキャップがないと、ペンを携帯することができない。

さいわいこのペン先、つけペンの軸に差し込むための金具がある。
この金具を使って、軸とキャップを固定する。

 


今回必要な材料

 

1)竹の廃材
 群馬県のN島さんからいただいた、竹を利用。
 ペンをつくるのにピッタリの太さ(直径14mm)のものを選ぶ。
群馬の竹

 

2)ガラスペンのペン先
 岡山県のK路さんからいただいた、ペン先を利用。
 つけペンの軸に装着できる、金具がついたタイプ。
ガラスペン1

ガラスペン2

 

 

今回必要な道具

 

1)ノコギリ
 竹を切断するために使う。

2)ヤスリ
 竹を磨くのに使う。

3)グルーガン
 ペン先と竹軸の接合に使う。

4)ハサミ
 グルーガンで接合した樹脂の仕上げに使う。

5)ペンチ
 ペン先の加工に使う。
 今回は手元にペンチがなかったため、Wクリップで代用。

 


作り方

 

1)竹の切断

 ノコギリで竹を切断する。
 竹の節の部分を使って、軸とキャップを適当な長さで切断する。
竹の切断1

竹の切断2

 

2)竹のヤスリがけ

 竹の一番外側がささくれ立っているので、ヤスリで磨く。
 鉄ヤスリで粗く磨いたあと、紙やすりで細かく磨く。
竹のヤスリがけ1

竹のヤスリがけ2

 

3)ペン先の加工

 つけペンの軸に差し込むための金具を、竹の太さに合わせてペンチでつぶす。
 今回は手元にペンチがなかったため、Wクリップで代用した。

 コツは少し太めにつぶすこと。
 金具のつっぱりだけで、竹との接合部分が固定できるくらいがちょうどいい。

 またキャップを固定するのにも、この金具を使う。
 竹の内径よりも金具を太く作ることにより、キャップとペン先を固定する。
 したがって、軸から若干はみ出る程度につぶす。
ペン先の加工1

ペン先の加工2

 

4)ペン先の位置決め

 金具が半分出るくらいの位置まで、ペン先を竹に差し込む。
 その状態でキャップをしめて、その状態が維持できるかどうか確認する。
 キャップがスカスカならば金具を広げ、キャップが閉まらないなら金具をつぶす。
ペン先の位置決め

 

5)ペン先の接着

 ペン先と竹をグルーガンで接着する。
 2~3分放置して、樹脂の固着を待つ。
 はみ出た樹脂は、ハサミなどで切り取る。
ペン先の接着

 

6)キャップの開閉動作確認

 竹とペン先の接着後、キャップの開閉動作を確認する。
 キャップがスカスカならば金具を広げ、キャップが閉まらないなら金具をつぶす。

 


完成。

 

 

使ってみる

 

キャップをとじた状態。
あたり前だが、「竹」そのものである。
キャップを閉じた状態

 

キャップをあけると
ガラスペンのペン先があらわれる。
ミゾがたくさんできている。
なるほどここにインクをたくわえて、ペン先にインクを供給するのか。
キャップを開けた状態

 

インクにつけて書いてみる。
チャイラーな私の選ぶインクは、もちろん愛用の「ペリカンブラウン」。
今回いただいたペン先は、非常に細い。
一度インクをつけると、ハガキ半分~1枚くらいはかけるようだ。
書いてみる

 

 

まとめ

 

わたしレシピ。

わたしレシピ

 


ほしかったガラスペン。
自らの手で作ることができた。
これも材料を提供いただいた方々のおかげである。

N島さん、K路さん。
どうもありがとうございました。

 

。。。

竹という自然素材を使ったペン。

しかし、自然の中で使うことはできない。

なぜなら。。。

 

ペンを落とすと自然と同化し、絶対に見つからなくなるからである。

( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 

 

 

 

<免責事項>
工作で事故が起きても、当方では責任を負えません。
あくまで自己責任で行ってください。

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

【変わり文具】昔はペンだった、サイフォンペン

朝活に持っていった、変わり文具のお話です。

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

春のレジ前陳列企画

私前職はコンビニの店長でして、その時に企画していたもののお話です。住宅地や学校が近くにあるお店には有効な企画かと思います。

【自称工作師がつくる「竹のガラスペン」】

ワタシのワタシメイド手帳

私なりのワタシメイド手帳の作り方をご紹介します。4月始まりの手帳を作る予定の方の参考になれば。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア