2015年8月27日更新

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

何にでもかけるボールペン「パイロットマルチボール」。
今回は、これをお気に入りの軸に入れてみた。
ホントに「何にでもかけるのか」試してみる。

自称工作師

文具工作部隊「SKIP」隊長、日本茶色普及協会理事長、茶色好き(通称:チャイラー)。
「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っています。

View
4,925
クリップ
0

はじめに

 

文具店を徘徊していたところ、目にしたことのないボールペンを見つける。

パイロット、マルチボール。
マルチボール1

 

ガラスにも金属にもプラスチックにも、もちろん紙にもマルチに書けるボールペン?
ボールペンって紙にしかかけないよな。ホントか?
試し書きしてみる。
紙に書くと、普通の水性ボールペンである。
店員さんから見えぬよう、ボールペンが立ててあるアクリルの什器にコッソリ書いてみる。

おおお、ちゃんと書ける。

中字の黒と青を手に持って、早速レジへ。
1本108円、2本で216円。
何にでも書けるのに、安い!

帰宅後、調査開始。

なになに?

インクに含まれる水分がすばやく蒸発することで非吸収面への定着が可能になった、新開発の画期的水性顔料「Mインキ」を採用。
ガラス、金属だけでなく木やゴムにもかけるらしい。

無敵じゃん。。。

こんなにスゴイんだから、もっとプロモーションすればいいのに。

ん?
このペン、お気に入りの軸に入らないかな。。。

というわけで、今回はマルチボールのリフィルをお気に入りの軸にぶち込んでみる。

 

 


工作のポイント

 

1)リフィルへのアクセス

何にでも書けるマルチボール、唯一の欠点はリフィル交換ができないこと。
通常のボールペンはどこか引っ張ったりねじったりすると分解できるのだが、このマルチボールは頑丈に密封されていてどうしても分解できない。
ここまで厳重に密封されている理由はわからない。
パイロットが開発したMインキ、蒸発に弱いのだろうか。
外からボールペン内部を見ることができないので、どんなリフィルを使っているかわからない。
やむを得ないため、破壊する。

 

 


今回必要な材料

 

1)マルチボール
マルチボール2

 

2)モンブラン№2322
※今回はいつもの№P163ではなく、30年落ちのローラーボール、№2322を使う。

モンブラン№2322

 

 


今回必要な道具

 

1)ノコギリ(ハサミでも可)
 マルチボールを破壊するのに使う。

 

 


作り方

 

1)マルチボールの破壊

マルチボールは分解できない。
ノコギリで本体のみを切断し、マルチボールを破壊する。
リフィルを傷つけないよう、慎重にかつ大胆に外側を切る。
今回は手元にノコギリがなかったため、ハサミでガリガリと切断する。
マルチボールの破壊

 

外側だけ切り取ると、写真のようにリフィルが表れる。
幸いなことに、純正リフィルに形が近い。
これなら加工できそうである。
リフィルの取り出し

 


2)リフィルの加工

いつものようにリフィルの後ろにネジを差し込もうと思ったら、ネジがスカスカで入らない。
よく見ると、いつも使うリフィルとは厚みが違う。
リフィルの内径

 

 

そこで大人のボールペン№2322の登場である。
ではなぜ、いつもの№P163ではなく№2322を使うのか。
このペンの胴軸の後ろにはバネが入っているため、リフィルの微調整が不要になる。
多少のリフィルの長さの違いはバネで押さえつけるという、ふところの深さを持ったペンである。
結果、リフィルの加工は不要。
№2322の構造

 


3)ペンの組み立て

№2322にマルチボールのリフィルをセットして組み立てる。
組み立て

完成

完成。

 

 


使ってみる

 

紙に書いてみる。
当然普通に書ける。
紙に書く

 

プラスチックに書いてみる。
プラスチック

 

ガラス。
手元あったリポビタンDに書いてみる。
ガラス

 

金属。
リポビタンDのフタに書いてみる。
金属

 

実工作時期が1年半前の冬なので、季節はずれで申し訳ない。
調子にのって、ミカンにも。。。
ミカンは表面がツルツルデコボコだから書けないかもなぁ。。
おおお!書ける。
みかん

 

「何にでも書ける」という、パイロットの宣伝文句は本当だった。

 

 


まとめ

 

わたしレシピ。
今回から、イラストを「工作師バージョン」に変更した。

わたしレシピ

 

 


何にでも書ける大人のボールペン。。。
ガラスに書けるモンブラン。。。
というわけで、このペンを「ガラモン」と名づけることにする。
ガラモン

 

頭にかぶるのは、モンブランの象徴ホワイトスター。
「え、これってピグモンじゃないの?」という方がいるかもしれない。
「ピグモン」はウルトラマンの怪獣、「ガラモン」はウルトラQに出てくる怪獣である。
ウルトラQで好評だった怪獣を、ウルトラマンで復活させた円谷プロ。
外見はほぼ同じなので、着ぐるみが流用できるという大人の事情も垣間見える。
(ちなみに「ピグモン」はレッドキングに岩を投げられつぶされた、かわいそうな怪獣である)


。。。

何にでも書ける「無敵のボールペン」。

でも、大好きな茶色がない。

 

パイロットさん

茶色のMインクの開発、よろしくお願いします。


( ̄▽ ̄)T

 

 

 

 


<免責事項>
ボールペン改造、もしマネするひとがいるならばトラブルが起きても当方では責任を負えません。
自己責任で行ってください。

 

 

 

コメント

コメントを入力するためにはログインが必要になります。
まだ登録していないかたは無料会員登録をしてください

ログイン 無料会員登録

読み込み中です・・・
コメントはまだありません

こんなコラムも書いています

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

自称工作師が出版する「文房具改造マニュアル」

このたび縁あって書籍を出版することになりました、というお話

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

【自称工作師が薦める「コーヒーで事務効率アップ」】

コーヒーのカフェインが脳を活性化して事務効率が上がりましたよ、というお話。

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

【自称工作師がもらう「茶色いインク」】

アメリカで文房具を普及するビジネスを始めたブルースさんからいただいた茶色インク、というお話。

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

【自称工作師がもらう「焼酎のガラスペン」】

懸賞王からいただいた焼酎のガラスペンを試してみました、というお話。

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

【自称工作師が貫いた「色に対する一途な愛」】

愛が満ちあふれる世界に生きつつ、一途な愛を貫いた45歳工作男子の物語、というお話。

関連するコラム

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

【自称工作師が考える「文房具の定義」】

「文房具とは何か」その定義を、自称工作師なりのアプローチで考えてみる。

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

新しい年に初挑戦企画。

Dr.Gripは、発売から25年以上の歴史を誇る人気商品です。 今回、カスタマイズできるシャープペンシルをデコって、 『世界に一つだけのペン』にし...

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

おじさんと文房具と夢

おじさんの夢?そんなものいまさら聞きたくないかもしれません。いや聞きたくないに違いない。だってわたくしだったら聞きたくない。(笑) でも...

【自称工作師がつくる「無敵のボールペン」】

文房具アクセサリーを作ってみたい。

最近、文房具をモチーフにアクセサリーを作ってらっしゃる方を何人かお見かけして、私もなんか作ってみたいと思い立ちました。

aboutブングスキー

おすすめのコラム

いまbungusukiで注目のコラム

アクセスランキング

人気のあったコラムランキング

話題のキーワード

いまbungusukiで話題になっているキーワード

» キーワード一覧

bungusuki [ブングスキー]|文具好きのためのコラムメディア